AIが職務経歴書他、約150項目の入力業務を代行し紹介会社の負担を大幅減!「構文解析」技術をCareerPlus2に導入決定

株式会社じげん 2018年04月02日

From PR TIMES

ブレイン・ラボがDaxtraとHR TECH領域での業務提携契約を3月末に締結

株式会社じげんの子会社の株式会社ブレイン・ラボは、Daxtra Technologies inc.と2018年3月末に業務提携契約を締結しました。
職務経歴書や履歴書内の膨大な情報(職種、在籍企業名、管理職経験の有無など)は様々なフォーマットで人材紹介会社に提出されるため、手入力以外に自社システムに読み込む手段がなく、負担が大きいことが、業界内の大きな課題の1つでした。本提携により、Daxtraの構文解析技術が活用され、自動でデータベース化される機能がCP2に追加されるため、その負担は大幅に軽減されます。



株式会社じげん(本社:東京都港区、代表取締役社長:平尾丈、東証マザーズ:3679、以下じげん)の連結子会社の株式会社ブレイン・ラボ(本社:東京都港区、代表取締役社長:天野 孝則、以下ブレイン・ラボ)は、Daxtra Technologies inc.(CEO:Sergei Makhmodov、日本法人所在地:東京都渋谷区、以下Daxtra)と2018年3月末に業務提携契約を締結しました。
職務経歴書や履歴書内の膨大な情報(職種、在籍企業名、管理職経験の有無など)は様々なフォーマットで人材紹介会社に提出されるため、手入力以外に自社システムに読み込む手段がなく、負担が大きいことが、業界内の大きな課題の1つでした。本提携により、Daxtraの構文解析技術(※1) が活用され、自動でデータベース化される機能がCP2に追加(※2) されるため、その負担は大幅に軽減されます。

※1構文解析技術:様々なフォーマットの情報を解析し、必要な情報や文脈を構造化されたデータとして抽出する技術。英語圏では職務経歴書や履歴書の入力業務にかかる時間を9割以上削減した実績を持つ。
※2 本機能はCP2のオプション機能となります。
[画像1: (リンク ») ]



■提携内容

1.CP2への「構文解析エンジン」の導入
Daxtraの「構文解析エンジン」をCP2の候補者登録モジュールに取り込むことで、履歴書や職務経歴書の入力の負荷軽減、及びより詳細な候補者情報のデータベース化が実現します。すなわち、各求職者の「経験職種とその経験年数」「在籍した企業名とその業種」「管理職経験の有無や期間」「語学力」等の様々な情報(一人当たり平均150項目)が自動的にCP2の求職者データベースに格納されます。
これにより人材紹介会社は企業が必要とする人材に対して、的確かつ迅速に候補者を割り出せるため、人材推薦の精度を向上させることができます。

2.CP3の開発に向けたHR TECH領域でのさらなる共創
本提携は、CP2において、さらなる人材紹介会社の事業成功支援を進め、「求職者と仕事の出会い」を量・質ともに最大化することを目的とした「CareerPlus2 Advance構想」の一貫として実施するものです。この構想を経て得られた知見は「Career Plus3(以下 CP3)」の開発において活用されます。
Daxtraとの取り組みにおいても、「構文解析エンジン」に加え、最先端のHR TECH(HR[Human Resource]× Technology)に基づく機能を随時採用することで合意しております。
ブレイン・ラボはDaxtraとCP3の開発に向けてさらに共創を深め、より人材紹介業に従事する方の経営課題の解決に努めてまいります。

■Daxtra Technologies CEOコメント

今回の提携にあたりDaxtra TechnologiesのCEOであるSergei Makhmodov氏は以下のようにコメントしています。
「この度、弊社の履歴書解析エンジンが、日本の人材市場向けパッケージのトップベンダーであるブレイン・ラボのCareerPlus2に採用されることを本当に喜ばしく思っています。
すでに世界では多くの人材関連企業が、この履歴書の構文解析技術を利用しています。弊社は現在、1500社以上にサービスを提供しておりますが、日本においてはまさにこれからの技術であり、いち早くCareerPlus2に搭載されることによる利用者のメリットは非常に大きいと思います。」

■「構文解析」技術が解決する人材紹介会社の課題

[画像2: (リンク ») ]


■Daxtra Technologiesについて

Daxtra Technologies Inc.は、UK(イギリス)での2002年の設立以来、15年一貫して履歴書情報の構文解析技術および付随するサービスを提供する、本分野における世界のトップベンダーです。現在、1500以上の人材関連企業において導入実績を持ち、150以上の転職サイトとも連携、月間平均で6000万枚以上の履歴書を解析しています。

日本語の履歴書情報の構文解析は2015年より一部の企業にて導入を開始し、3年が経過しました。十分に日本市場でも利用いただけるまでに成熟したため、2017年9月に日本法人を設立いたしました。日本法人の概要は下記のとおりです。

[社名] Daxtra Technologies Japan合同会社
[本社所在地] 東京都渋谷区渋谷1-12-2 CrossOffice 8F 808
[設立年月日] 2017(平成29)年9月
[代表者] 代表 矢野 広一
[事業内容] 履歴書/職務経歴書のParsing(構文解析)技術の提供
[URL] (リンク »)

■ブレイン・ラボについて

株式会社ブレイン・ラボは、人と企業の最適なマッチングを科学し、世の中のはたらくをより良くすることを目指し、人材紹介会社向け基幹システムで業界売上No1の「CareerPlus2」に代表されるソリューションを提供しています。
2014年7月、じげんグループの傘下に入り、同社の経営力・マーケティング力・メディア運営のノウハウを活かした事業改革・事業開発を進行させ、人材業界大手から成長著しいベンチャーまで事業拡大のパートナーとして支援の幅を拡げています。2016年12月には「CareerPlus2 Advance構想」を掲げ、求職者と仕事の出会いを量・質ともに更に加速させていくべく、その第一弾として世界最高峰の人工知能(AI)技術を持つHEROZ株式会社と共同し人材紹介のAIマッチング機能「brain insight matching」を発表しました。

[社名] 株式会社ブレイン・ラボ(Brain Lab,Inc.)
[本社所在地] 東京都港区虎ノ門3-4-8
[設立年月日]2002 (平成14)年11月
[代表者] 代表取締役社長 天野 孝則
[事業内容] 人材業界向け業務基幹システムの提供(クラウドサービス)
[URL] (リンク »)

■じげんグループについて

当社グループは、「生活機会(より良く生きるための選択肢)の最大化」をミッションに、ライフイベント領域(求人・住まい・車など)において、約30のサービス群を提供するライフメディアプラットフォーム事業を運営しています。同事業では複数のインターネットメディア・リアルメディアの情報を統合し、一括して検索・応募・問い合わせを行うことができるEXサイトや、特定の業種や地域の企業の情報をバーティカルに集約した特化型メディア、及び提携先のメディアや企業へのソリューション提供といった、複数のビジネスモデルを展開しています。2013年11月には東証マザーズ上場を果たし、2017年、創業来10期連続の増収増益を達成しました。上場以来計10件のM&Aを実施し、事業開発・拡張力を活用した投資にも積極的に取り組み、急成長を続けています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社じげんの関連情報

株式会社じげん

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]