【渋谷発】偶然の発見が集まるアプリ「PAGANDA」のベータ版サービスをリリース!

PAGANDA合同会社 2018年04月05日

From PR TIMES

近隣店舗やイベントの配信情報をリアルタイムでアプリに一元表示

PAGANDA合同会社(本社:東京都世田谷区)は、2018年4月1日(月)より、偶然の発見が集まるアプリ「PAGANDA」(iOS/Android)のベータ版サービスを開始します。



[画像1: (リンク ») ]

PAGANDAに集まる「偶然の発見(Serendipity)」とは?
情報が溢れている現在、私たちはすぐそばにある素敵なモノやコトに気づかず逃してしまっているのかもしれません。PAGANDAアプリユーザーは行きなれた街でも、初めての場所でも、アプリに集まる周辺の店舗情報から「素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見」(Serendipity)できるようになります。

店舗にとってのメリット
店舗向け情報配信サービスPAGANDA PROは、B to Cビジネスを展開する飲食店や小売店などが、自分しか知らない自分の商品の魅力を、PAGANDAアプリユーザーに対しリアルタイムで、カンタンな操作からターゲティング(対象の性別、年齢、職業、人数、店舗や任意地点の距離)し、最短1分程度で配信できます。
例えば、
パン屋が「後10分で焼きあがるクロワッサンの、出来立ての美味しさを味わってほしい」
駅前ホテルが「終電を逃した方に空室が予約できることを知らせたい」
和食屋が「水揚げされたばかりの無添加ウニが入荷。新鮮なままの美味しさで紹介したい」
などのその”シズル感”を、思いついたその時すぐにPAGANDAアプリユーザーに対し訴求し、新規顧客の獲得、底稼働の時間帯のオペレーション改善、効率的な宣伝に繋げることができます。

[画像2: (リンク ») ]


PAGANDAアプリユーザーにとってのメリット
通いなれた街の一本裏通りに知らなかった好みの合う店があったり、すぐそばでお祭りが開催されてたことを終わってから気づいたり。
「知らなければ検索もできない」
店舗側が配信する情報の属性ターゲティング及び弊社のアルゴリズムによるにユーザーのパターン分析から、アプリユーザーはこれまで逃していた機会も、効率的に情報が見つけられるようになります。

サービスにかかる費用
PAGANDAアプリユーザーは無料で利用頂けます。PAGANDA PROに掲載する店舗は登録料、月額固定費用がなく、PAGANDAアプリユーザーが受信した分だけのコストが発生します。ベータ版サービス期間中のPAGANDAアプリユーザーの受信の単価は1受信=1円(1チケット)で仮設定しておりますが、毎日1,000チケットの無料配信枠を提供しており、枠の範囲内であれば無料で利用頂けます。

今後の展開
現在、渋谷区でベータ版のテストを開始しており、今後は段階的に対象エリアの店舗とアプリユーザーを増やして参ります。また、5月中には台湾の台北市でも同サービスのテストマーケティングを開始予定。
ベータ版サービス期間中から加入頂ける飲食店や小売店等を募集しております。

ホームページ及びお問い合わせ
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]