ビジネスチャットの Chat&Messenger、Android に続き iOS 版もリリース

株式会社 Chat&Messenger 2018年04月09日

From PR TIMES

Windows / Mac / Android / iOS の 4 Platform 、日本・英語・中国の 3言語 に対応

▶ Chat&Messenger は10年以上の実績がある基本無料の国産ビジネスチャットツール
▶ Android に続き iOS 版もリリース
▶ 企業向けにセキュリティーを重視したアーキテクチャ設計を採用




■ Chat&Messenger のサービス概要
Chat&Messenger は10年以上の実績がある国産ビジネスチャットツールで、チャット、メッセンジャー、テレビ会議、スケジュール、文書共有を統合した基本無料のビジネスチャットツールです。
(リンク »)


■ モバイル版リリース
Desktop 版では、国内に先駆けてビジネスチャットを提供してきた Chat&Messenger ですが、Android / iOS 版も正式に提供開始します。
モバイルでは出遅れましたが、Android / iOS をワンソースで同時開発しているため、今後の機能追加や、改善はクイックに対応できます。

<Android 版>
(リンク »)
<iOS 版>
(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]



■ Desktop 版とのモバイル連携について
Desktop 版の拡張機能「ネットワーク追加」から、Chat&Messenger クラウドサービスへアカウントを作成する事で、クラウドネットワークへタブ切り替え可能となります。
Chat&Messenger クラウドサービスを活用する事で、email ドメイン単位でユーザを自動認識し、モバイル、拠点、他社企業との連携をシームレスに行う事が可能です。
[画像2: (リンク ») ]



■ セキュリティーを重視したアーキテクチャ設計
Chat&Messenger クラウドサービスは、セキュリティーを重視したアーキテクチャ設計を行っており、次の点が特徴です。
[画像3: (リンク ») ]



フリーの email は利用できずユーザ企業様の email を使い、IT部門が合意のもとサービスを利用する
ユーザ企業様の email ドメイン単位で独立したアプリケーションサーバ郡を構築する

類似サービスに多い、いわゆる マルチテナント・アーキテクチャ ではなく、企業毎にアプリケーション・データを分離するアーキテクチャで設計


ユーザ企業様が指定する暗号化キーで、個別に DB / 添付ファイルを強力に暗号化
ユーザ企業様単位で、chat-messenger.com にサブドメインを割り当て https 通信を行う

(リンク »)





■ 今後の予定
モバイル版の文書共有、TV会議、スケジュールは段階的にリリースします。


■ 提供価格
Desktop 版の LAN モデルは基本無料でご利用できますが、Chat&Messenger クラウドサービスは下記の料金が発生します。

スタンダード   (1ユーザー月額 ¥300)
エンタープライズ (1ユーザー月額 ¥600)

ライセンスのお申込みやお見積は下記から
(リンク »)





■ 本件に関するお問い合わせ先
企業名: 株式会社 Chat&Messenger
URL : (リンク »)
担当者名:田辺
問い合わせフォーム: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]