Houzzが学生向けの「Houzz 奨学金プログラム」を発表!

Houzz Japan株式会社 2018年04月10日

From PR TIMES

~4月10日「インテリアを考える日」にあわせて建築・デザイン業界における次世代のリーダー育成をサポート~

2018年4月10日、世界最大級の家づくりとインテリアデザインのプラットフォームを提供する Houzz Japan 株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役: 加藤愛子、以下、Houzz (リンク ») )は、4月10日「インテリアを考える日」にあわせて、2018年度の「Houzz 奨学金プログラム」を発表しました。



[画像: (リンク ») ]

「Houzz 奨学金プログラム」は、建築やデザイン業界における次世代のリーダー育成を目的とし、アメリカ・イタリア・ドイツ・オーストラリア・日本の5ヶ国で実施している給付型の奨学金制度です。日本では、日本国内の大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)および大学院で学ぶ学生が対象です。

プログラム概要
本プログラムは、「一般学生向け給付奨学金」と「女子学生向け給付奨学金」の2種類のプログラムより構成されています。

給付奨学金の額
・一般学生向け給付奨学金 25万円(1名)
・女子学生向け給付奨学金 25万円(1名、女子学生限定)

応募資格
1. 18歳以上で日本国内在住
2. 日本国内の大学・短期大学・高等専門学校・専修学校 (専門課程)・大学院および、これらに準ずる教育を施す機関に在籍中もしくは2019年4月までに進学予定
3. インテリアデザイン、建築設計、ランドスケープデザイン、構造、施工管理、コンストラクション・マネジメント、またはそれに準ずる学部・学科を専攻

応募方法
1. Houzzでアカウント登録をし、「プロジェクト」に自作の作品画像を投稿
2. アカウントページのURL、経歴、論文を応募フォームより送信
論文テーマ:あなたの考える「未来に残すべき、日本を代表する建造物」は何ですか?
また、その理由を1000文字以内で教えてください。

応募期限
2018年12月31日

Houzz Japan 株式会社 代表取締役 加藤愛子コメント
「若い学生からスキルアップを目指す専門家まで、昨年は261名もの学生の応募にあずかりました。職人の減少など業界内でも様々な課題があるなか、Houzzは将来活躍する建築やデザインにおけるリーダーが多く誕生することを期待して、これからもさまざまな形で次世代の専門家育成を支援していきます。」

「Houzz 奨学金プログラム」の詳細
(リンク »)

Houzz とは
Houzz(ハウズ)は、カリフォルニア州パロアルト在住の夫婦アディ・タタルコとアロン・コーエンが 2009年2月にローンチした、「住む人」と「住まいの専門家」をつなぐ、世界最大級の家づくりとインテリアデザインのプラットフォームです。2015年4月にHouzz Japanがローンチし、世界で月間ユニークユーザー数が4,000万以上、専門家の登録者数150万以上、掲載写真1,600万枚以上を誇ります。住まいづくりの専門家がシェアした、住宅デザイン、設計、インテリア写真、アイデア、アドバイスなど、住まいに関するあらゆる情報を提供しています。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]