資生堂、企業文化誌『花椿』夏号が4月15日に刊行。 映像作家・山田智和が撮りおろしたフォトストーリーにはタカハシララが登場

株式会社資生堂 2018年04月13日

From PR TIMES



資生堂は、企業文化誌『花椿』夏号を2018年4月15日に刊行します。
資生堂関連施設および全国の書店の合計43ヵ所(4月1日現在)にて無料配布します。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

■花椿 夏号について
『花椿』夏号は、「WILD(野生、野性)」を特集テーマとしています。“INTO THE WILD”と題し、ひとりの女性が自分の中に眠っている野性を見つける旅にでるストーリーを、沖縄・西表島の雄大な自然を舞台に、映像作家の山田智和氏が撮りおろしました。モデルはタカハシララ氏。ウェブ花椿では、本誌と連動した映像作品も4月15日より公開します。
(リンク »)

ほかにも、五感のなかで最も野性的な感覚といわれる“嗅覚”に着目し、においと人との関係性や香りの楽しみ方などを香料開発の資生堂研究員が解説したコラム、野生からインパイアされたジュエリーのフォトストーリーなど、さまざまな「WILD(野生、野性)」にフォーカスしています。

―高度な文明社会に生きる私たち。でもときおり、ネットワークにしばられる不自由さを感じたり、何者かにならなければならないことに不安になったり……。自分らしく生きることがよくわからなくなったときには、静かに、自分の中の野生の声に耳を傾けてみませんか。(本誌より抜粋)

『花椿』夏号 内容
■INTO THE WILD
   モデル:タカハシ ララ 撮影:山田智和
■においは野性の本能を呼び覚ます
■Wild Jewelry, Wild Night
   撮影:水谷吉法

<連載>
■サロン・ド・バー 花椿 -木村カエラ/Chara
■INTERVIEW -蓮沼執太
■POEM -野崎有以
■BEAUTY -原田マハ
■FASHION -TOKYO STORY
■ESSENCE OF ELEGANCE -ソフィア・コッポラ
■今日マチ子、岩間朝子など

別冊付録:花椿文庫
「URBAN SURVIVAL BOOK For women 」
登山家・作家の服部文祥氏による都会でサバイブをするヒントを紹介する女性に向けたアーバンサバイバルの入門書。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

■ 『花椿』 夏号
○刊行日:2018年4月15日
○無料
○刊行:資生堂 企業文化部
○仕様:A4変型、本誌60P

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]