ECサイトやデジタルメディアの運用・データ分析に特化した事業コミット型「成果報酬型コンテンツグロースハックサービス」を開始

株式会社ストロボ 2018年04月17日

From PR TIMES

―大手企業のデジタル系新規事業立ち上げにおける「3ナイ」を解決―

企業のデジタルトランスフォーメーション支援事業及びベンチャー投資育成事業を展開する株式会社ストロボ(以下、当社/東京都・港区 代表取締役 下山哲平)は、大手企業のデジタル領域新規事業に特化した事業成果連動報酬型の新しいオウンドメディアマーケティング「成果報酬型コンテンツグロースハックサービス」を開始いたします。



■「成果報酬型コンテンツグロースハックサービス」立ち上げの背景

昨今、大手小売り企業やアパレル企業のEC関連新規事業への取り組みが増え、出版や放送業界でも多くの企業がデジタルメディアに関連する新規事業が創出されるようになりました。このように、ほぼ全ての産業・業界が「デジタル」に軸をおいた新規事業に踏み出しているといっても過言ではありません。

デジタルに軸をおいた新規事業において、集客やサービス認知のためにも、オウンドメディア等のコンテンツは欠かせません。同時に、コンテンツに蓄積されたデータの分析は非常に重要なものになってきています。しかし、社内にこれらの「ノウハウがない」、「リソースがない」というケースは少なくありません。また、働き方改革の流れもあり、より効率よく労働生産性を上げることが求められるようになりました。しかし、ECやデジタルメディアの運用は、日々の更新など日常的な作業が必要になるため、社内にある既存の体制ではタスク量的にも対応が難しく「時間がない」状況に陥りがちです。デジタル系新規事業の立ち上げにおいてネックになるのが、このような「ノウハウがない」「リソースがない」「時間がない」という「3ナイ」問題です。今、多くの企業でこの「3ナイ」が課題になっています。

当社はこれまで、東証1部上場企業を中心にデジタルトランスフォーメーションを伴う新規事業の立ち上げ支援をしてきました。「成果」にコミットする「ハンズオン型」という立ち位置を活かし、新規事業の成果創出を支援すべく、クライアント専属の編集部門の立ち上げからコンテンツ企画制作・編集、さらにはインハウス化支援の一環として、ライターや編集者、校正・校閲専門スタッフなどの人材採用・教育・育成までワンストップで提供してきました。この当社の強みを活かし、「3ナイ」問題を解決することで、より多くのデジタル系新規事業開発支援に応えられるよう、本サービスをリリースするに至りました。


■サービス概要


メディアやECなど、デジタル領域での新規事業案件を対象にWebサイトやメディアのコンテンツ制作と運用及びグロースハック部分を担当
すでに収益を上げているメディアやEC事業をさらに伸長させるために新たなオウンドメディア企画・開発・運用も担当
デジタルマーケティングの多角的な施策を組み合わせて、集客及びそこから創出される事業成果の最大化を目指した施策の「実行」を提供



■本サービスの5つのポイント


大手企業のデジタル系新規事業に特化したサービス
新たな料金体系「事業成果連動報酬型」
働き方改革というテーマにも則したサービス
デジタル系新規事業立ち上げにおける「3ナイ」を解決
経営者からのオーダーに限定・特化(※)


※経営に深く関与する「ハンズオン型」である本サービスにおいて、
「経営者との対話」が成功確率を上げる重要な要素であるため、経営者直轄プロジェクトに限らせていただきます。


■ハンズオン型である「成果報酬型コンテンツグロースハックサービス」の強み

大手企業のデジタル系新規事業開発において問題となる「3ナイ」。これらの問題は「業者」による「作業」になりがちなアウトソーシングだけでは補うことが難しく、成果を実現しにくい傾向があります。
そこで当社では、コンサルタントがクライアント企業のプロジェクトに直接参画する「ハンズオン型」での「3ナイ」問題の解決を提案いたします。

当社はこれまで、プロジェクトごとに専任体制をひき、必要に応じてそのプロジェクトに適した人材の採用・育成を行うなど、クライアント側のインハウス体制作りにも対応してきました。
大手企業のメディアやECといったデジタル領域の新規事業開発、及び立上げに携わってきた当社の経験やノウハウを活かした「成果報酬型コンテンツグロースハックサービス」により、企業が抱えている問題を解決し、最速かつ最良の成果実現の支援をいたします。


■大手企業のデジタル系新規事業開発における「3ナイ」とは


ノウハウがない

デジタル系新規事業にはこれまでとは異なるノウハウが必要になるがそのノウハウが社内になリソース(人材)がない


リソース(人材)がない

ノウハウ同様これまでとは異なる知見が必要となり対応できる人材が社内にいないまたは少ない


時間がない

「働き方改革」の流れを受けより効率性を求められるようになったが既存の体勢ではタスク的に時間が足りない


■「成果報酬型コンテンツグロースハックサービス」概要まとめ

アウトソーシングだけでは難しい根本的な課題解決に対する取り組み

ハンズオン型の「成果報酬型コンテンツグロースハックサービス」
プロジェクトごとに専任体制をひき、必要に応じてそのプロジェクトに適した人材の採用・育成を行う
 ↓
企業のデジタル系新規事業立ち上げの「3ナイ」解決を支援


当社では、今後も「成果」にコミットする「ハンズオン型」という立ち位置を活かし、新規事業の成果創出を支援すべく、「成果報酬型コンテンツグロースハックサービス」の対象テーマ・領域を拡充して提供していく予定です。


【株式会社ストロボ 会社概要】

[画像: (リンク ») ]

商号:   株式会社ストロボ
代表者:  代表取締役社長 下山哲平
所在地:  東京都港区麻布十番1-5-10(受付4階)
URL:    (リンク »)
事業内容: デジタルマーケティング事業
      メディア&コンテンツ開発事業
      ベンチャー投資育成事業

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]