ブイキューブロボティクス、第4回国際ドローン展に出展

株式会社ブイキューブロボティクス 2018年04月17日

From PR TIMES

コンセプトは「すべて自動化、革新の業務別パッケージ」 4月18日(水)~20日(金)、幕張メッセにて

企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村太晋、以下ブイキューブロボティクス)は、4月18日(水)~20日(金)、幕張メッセで開催される「第4回国際ドローン展」に出展いたします。



弊社では「自動化」「汎用化」をキーワードに、様々な社会課題を解決するロボティクスソリューションを開発しておりますが、今回の出展では「巡視/点検」「警備監視」「災害対策」の3領域での業務を抜本的に改革するソリューションパッケージに焦点を当てて展示を行います。

2018年2月に業務別パッケージの第一弾としてリリースされた、太陽光発電施設の効率的な点検を可能にする「SOLAR CHECK」を始め、ドローンの自動離着陸・自動充電・自動データリンク機能を備えた全自動運用ドローンシステム「DRONEBOX」など、ドローン活用をお考えの企業・自治体様に向けた幅広いソリューションをご用意して、皆様のご来場をお待ちしております。
[画像: (リンク ») ]

出展ブースイメージ


■主な出展内容

1. 太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」

ドローンを用いた太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」は、ドローンを自動航行させてデータを取得するところから解析・レポート出力までを自動化し一気通貫で提供することで業務を抜本的に変えることが可能なサービスとなっております。
具体的には、赤外線サーモグラフィカメラを搭載したドローンを自動運行させて太陽光パネルを撮影し、その撮影結果に対して人工知能を用いた画像解析を行い、短時間で異常パネル検出および点検結果レポートをご提供することが可能になります。

2. 防災・減災ドローン

弊社ではこれまで仙台市・株式会社NTTドコモ 東北支社と共同で数々の防災・減災に関わる実証実験を行ってまいりましたが、本年3月にも、LTEネットワークをドローンの制御や映像共有に活用する「セルラードローン(R)」の自動航行よる「ドローンを活用した津波避難広報の実証実験」を行い、無事成功致しました。本展示会に展示する防災・減災ドローンは、本実証実験に使用された実際の機体となります。
本実証実験の結果を踏まえ、弊社は今後、防災・減災に向けたパッケージの実用化に向けた開発を推進して参ります。

3. 完全自動運用ドローンシステム「DRONEBOX」

DRONEBOXは、「自動化」「汎用化」の取り組みを推進する弊社ソリューションのコアとなる、ドローンの自動離着陸・自動充電・データリンクを可能とする完全自動運用システムです。
今後目視外のドローン運用が活発化していく中で、DRONEBOXは設備点検の完全自動化・無人の24時間警備監視・災害時に人が現地に赴き危険に晒されることなくことなく状況把握することを可能とし、さらに複数のDRONEBOXを連携させることで従来想像も出来なかった業務のあり方を実現することが出来るようになります。


■セミナープログラム

以下のスケジュールで開催期間の3日間、弊社のパッケージのご紹介と具体的な導入事例を、動画を交えて詳しくご説明いたします。
ドローン活用をお考えの企業・自治体様の導入検討にお役立ていただける内容となっております。
皆様のご来場をお待ちしております。

11:00-11:30 VRJ サービス紹介 革新の業務別パッケージ
13:00-13:30 VRJ 運用サポート事例 オンライン研修サービス
14:00-14:30 完全自動運用ドローンシステム「DRONEBOX」
15:00-15:30 最新サービス太陽光発電施設点検「SOLAR CHECK」
16:00-16:30 VRJ 導入事例紹介「巡視点検」「災害対策」「警備監視」


■第4回国際ドローン展
本年で4回目の開催となる「国際ドローン展」は、近年注目が高まる「ドローン(無人航空機)」に焦点を当てたドローン業界で国内最大級の展示会です。
URL: (リンク »)

会期:2018年4月18日(水)~20日(金)10:00~17:00
場所:幕張メッセ 展示ホール7(弊社展示ブース:7C-04)
主催:一般社団法人日本能率協会
入場料:¥3,000
※以下URLより、事前来場登録をしていただくと入場料¥3,000が無料になります。
(リンク »)


■株式会社ブイキューブロボティクスについて
2015年10月に設立され、ドローンなどのロボティクス技術と先進技術を組み合わせた業務用ソリューション事業を展開しています。特に、自動化/汎用化の取り組みを推進していくことで、省力化・無人化も含めた新しい業務のあり方・実現の仕方を提案し、日本が直面している社会課題を解決していくとともに、課題先進国である日本で培ったそれらのソリューションを世界に向けて発信していきたいと考えています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]