編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

マグネットの力で書類をめくったまま固定できるクリップボード「マグフラップ」発売

株式会社キングジム

From: PR TIMES

2018-04-17 12:01



 株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、挟んだ書類をマグネットの力でめくったまま固定し、閲覧・書き込みがスムーズにできる機能性クリップボード「マグフラップ」を2018年5月18日(金)より発売します。初年度販売目標数量は3万枚です。
[画像1: (リンク ») ]

 これまでの一般的なクリップボードは、挟んだ書類を裏側にめくった状態で固定できない、上部にしか綴じ具がないため紙がめくれたり折れたりする、などの不満がありました。この度発売する「マグフラップ」は、2つのフラップを設けることでこれらの不満を解消する、機能性クリップボードです。

 「マグフラップ」は2つのフラップ付きで、「背面フラップ」は挟んだ書類をめくった際にマグネットで固定できるため、立ちながらでも手で紙をおさえずに閲覧や書き込みができます。「底面フラップ」は、書類の下側をマグネットで固定し、書類の不意なめくれを防ぎます。未使用時は本体裏側に収納できるため、書き込みに支障をきたしません。また、クリップは「全長クリップカバー」付きで、書類の上側を両端までしっかり押さえられます。部分的に紙がめくれたり折れたりしにくいため、書類をきれいに保つことができます。

 キングジムは、クリップボード「マグフラップ」の発売に伴い、クリップボード市場でのシェア拡大を目指してまいります。

■製品概要
製品名:クリップボード「マグフラップ」
発売日:2018年5月18日(金)
価格:¥880 +消費税

■製品特長
めくった紙をマグネットで固定し、閲覧や書き込みに集中できる「背面フラップ」
マグネット内蔵の「背面フラップ」を使用することで、挟んだ書類をめくったまま固定でき、ストレスなく書類の閲覧や書き込みができます。
[画像2: (リンク ») ]


紙の下側を固定し、書類のめくれを防ぐ「底面フラップ」
「底面フラップ」は書類の下側をマグネットで固定し、書類の不意な折れやめくれを防ぎます。未使用時は本体裏側に収納できるため、書き込みにも支障をきたしません。
[画像3: (リンク ») ]


紙の上側をホールドする「全長クリップカバー」
クリップには「全長クリップカバー」が付いていて、書類の上側を両端までしっかり押さえられます。
[画像4: (リンク ») ]


スチール面などに貼り付けられる
本体にマグネットを内蔵しているため、スチール面の壁などに貼り付けられます。
[画像5: (リンク ») ]

※スチール面に貼り付ける際の収納枚数は最大でA4コピー用紙10枚までです。
※スチール面に貼り付ける際は、必ず「底面フラップ」を背面に収納してください。
※場所によっては上手く貼り付かない場合があります。

■製品仕様
品名    :クリップボード「マグフラップ」
品番    :5085
サイズ   :A4
外形寸法  :H325×W227×D18(mm)
最大収納枚数:約30枚(コピー用紙)
色     :赤、緑、青、黒
本体価格  :¥880 +消費税

■製品写真
[画像6: (リンク ») ]


ご掲載していただく場合は、下記のお問い合せ先をお願いします。
株式会社キングジム お客様相談室
フリーダイヤル(全国共通)
0120-79-8107(ナットクのパートナー)
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]