ディスカバリー・ジャパンが、発見の楽しさを届けるメディア「Discovery(ディスカバリー)」をリニューアル

ディスカバリー・ジャパン株式会社 2018年04月17日

From PR TIMES

世界最大級のネットワークを持つ「ディスカバリーチャンネル」を運営するディスカバリー・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:ジェイ・トリニダッド)は、ディスカバリーチャンネルのデジタルメディア
(β版)を、2018年4月17日に「Discovery」としてリニューアルいたします。



公式ウェブサイト: (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]


Discoveryは、「今日、何を発見しましたか?」をタグラインに、ちょっと気になっていたことが解明された時の喜び、時間を忘れて興味のある分野を深掘りする楽しみ、そんな体験を仲間と共有する幸せを、好奇心溢れるユーザーに効率よく届けたいという気持ちから生まれました。“SMART & FUN” を大切に、斜め上をいく世界中のストーリーを毎日提供していきます。また、Discoveryで配信された記事は、Twitter・Facebook・LINEアカウントメディアとも連動し、より多くの方にお届けします。

[画像2: (リンク ») ]

Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
LINEアカウントメディア: (リンク »)


<人気コンテンツのご紹介>

・RALLY NIPPON名車録Vol.1 OSKA 1600GT Zagato
(リンク »)

・【よくわかる宇宙】ブラックホールの秘密
(リンク »)

・地球外生命?宇宙飛行士が目撃した謎の光の驚きの正体とは?
(リンク »)

・都市伝説を検証!落とした食べ物の5秒ルール
(リンク »)

・日本が誇る鉄道技術、その多彩で巧みな技と近未来にどっぷり浸る博覧会「鉄道技術展2017」
(リンク »)

・砂漠の貴重なたんぱく源!?昆虫バーガー
(リンク »)

・サバイバルの達人が伝授する食料が尽きても生き抜く方法
(リンク »)


<ディスカバリー・ジャパン株式会社について>ディスカバリー・ジャパン株式会社は、1984年に米国でジョン・ヘンドリックスが設立したディスカバリー・コミュニケーションズ社(Discovery Communications, LLC.)の子会社です。ディスカバリー・コミュニケーションズ社は、あらゆる人々の好奇心を満たす上質な体験を提供することをミッションに掲げ、1985年6月より米国でディスカバリーチャンネルの放送を開始し、現在は220以上の国と地域において45言語で放送されています。世界27億世帯が視聴可能なノン・フィクションメディア企業であり、世界最大の有料放送番組供給事業社となった近年では、全世界で58のチャンネルブランドを展開し、24の地上波ネットワークを保有。EUROSPORTやディスカバリー・キッズを軸としたエンタテインメント事業への拡大を積極的に行っており、世界で4番目に大きいデジタルグループへと成長も遂げています。日本国内においては、1997年より「ディスカバリーチャンネル」、2000年より「アニマルプラネット」のCS放送を開始し、2017年10月からはデジタルメディアも展開しています。宇宙、アドベンチャー、サイエンスをはじめ、テクノロジー、ネイチャー、モビリティ、ライフスタイルなど多岐に渡る情報を、世界最大級のネットワークを駆使し、新しい発見とともにお届けします。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]