世界遺産 軍艦島 MR炭鉱体験!

株式会社ユニバーサルワーカーズ 2018年04月18日

From PR TIMES

軍艦島デジタルミュージアム国内初となる「Microsoft HoloLens」を使用したミュージアムでのMR常設展示

軍艦島デジタルミュージアム(長崎県長崎市 運営 株式会社ユニバーサルワーカーズ)は、 4月20日のリニューアルオープンに伴い、Microsoft HoloLensを使用したMR常設展示コンテ ンツを新設します。ミュージアムでHoloLensを使用したMR常設展示は国内初となります。



新設コンテンツ
「軍艦島のガンショーくん ~かがやくブラックダイヤモンドをさがせ~」


[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

コンテンツ内容 体験者は炭鉱員としてHoloLensをかぶり、ミュージアム館内のMR空間を探索します。 館内の気になった箇所をつるはしで採掘、既存の展示物を拡張したMR展示鑑賞、MR空間 で軍艦島の島民の様子を見たり、石炭採掘ゲームが体験できます。 軍艦島のマスコットキャラクター「軍艦島のガンショーくん」が館内を先導しガイドしてくれま す。複数人での同時体験が可能。

体験の終了時には、体験結果に応じた「MR炭鉱員認定証」が貰えます。 近日リリース予定のAR撮影アプリ「おさんぽガンショーくん」(iPhone専用 無料)と連動してお り、「MR炭鉱員認定証」をスキャンすることでレアな撮影アイテムを手に入れることができま す。コンテンツの企画・開発は、株式会社MuuMuが担当。

※MR(Mixed Reality、複合現実)とは、目の前の現実世界の中に、3Dの仮想物体であるホロ グラフィックを重ねて表示し、3Dの物体を実際のモノのように見たり操作したりできる技術です。Microsoft HoloLensは、PCやスマートフォンなどと接続することなく、HoloLens単体でワ イヤレスでMRを実現できる、世界初の自己完結型ホログラフィックコンピューターです。

軍艦島デジタルミュージアム 概要
世界遺産 軍艦島(正式名 端島)の歴史を写真や映像で紹介することを目的とした博物館と して、2015年開館。 軍艦島の元島民による説明、当時の写真、資料、映像、模型の展示や、 VR、プロジェクションマッピングなど先端テクノロジーを中心とした展示・体験ができます。

4月20日リニューアルオープン 新設コンテンツ一覧 ・MR体験展示

「軍艦島のガンショーくん ~かがやくブラックダイヤモンドをさがせ~」
パノラマ世界遺産
イラストレーター寺田克也 氏 : 四龍プロジェクト ふすま絵、デジタルサイネージ展示
写真家 高橋昌嗣 軍艦島写真展示
忠実に再現された軍艦島「地獄段」のセットの展示
「夕顔丸模型」展示



■資料
〇プレスリリース用素材 データ/画像/ムービー 一式 (リンク »)

■関連リンク
Youtube ムービー 「軍艦島のガンショーくん ~かがやくブラックダイヤモンドをさがせ~」

(リンク »)

軍艦島デジタルミュージアム 公式

(リンク »)

軍艦島デジタルミュージアム 公式 MRホロレンズ体験 紹介ページ

(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]