ドローン操縦士を養成する「ドローン・トレーニングスクール」実践的なドローン活用を支援する「カスタマイズ講習」を開始

オリックス株式会社 2018年04月18日

From PR TIMES

~実用性の高い機材の操作講習や現場での出張講習などを実施~

オリックス・レンテック株式会社(本社:東京都品川区、社長:井尻 康之)は、本日より、自社で運営しているドローン操縦士を養成する「ドローン・トレーニングスクール」にて、新たに「カスタマイズ講習」を開始しますのでお知らせします。



「カスタマイズ講習」では、「すぐに現場で使える操縦技術を学びたい」というお客さまのニーズにお応えする、3つのプログラムをご提供します。

産業用の大型モデルや、赤外線カメラ、ズームカメラなどの高機能機器を搭載したドローンの操作技術を学ぶ「機材選択型講習」、橋梁や鉄塔、不動産やソーラーパネルの点検など、現場に講師が出向き実地研修する「出張型講習」、ドローン測量による3Dモデル作成や映像制作用の高度な空撮技術を体験する「映像・測量専門講習」により、より実践的な操縦技術の習得をサポートします。

ドローンは、建設現場での測量や橋梁・鉄塔などのインフラ点検、災害現場の状況確認のほか、警備、農業、物流など幅広い分野での活用が期待されています。労働人口の減少を背景にさまざまな企業が導入検討を進めており、ドローンの市場規模は今後飛躍的に成長すると見込まれています。一方、各産業分野での実用化に際しては、最新機種の調達や活用方法の検証、メンテナンス、安全管理のガイドライン化、操縦士の育成や実践に即した技術の向上などの課題があります。

オリックス・レンテックは、計測器レンタルで培ったノウハウを生かし、2017年よりドローンの販売およびレンタルサービスを開始しました。本年4月からはドローン操縦士を養成する法人向け「ドローン・トレーニングスクール」を開校しました。一般社団法人日本UAS産業振興協議会(以下「JUIDA」)の認定スクールとして、「JUIDA操縦技能証明証」「JUIDA認定 安全運航管理者証明証」の交付を受けることができる講座をご提供しています。

オリックス・レンテックは、今後もドローン関連サービスの幅を広げることにより、安全なドローン運航とドローンの活用を後押しします。

■カスタマイズ講習の概要
(1)機材選択型講習(産業用大型機や赤外線カメラ搭載ドローンなど選択可能)
(2)出張型講習(講師が現場に出向き、実地に即した講習を実施)
(3)映像・測量の各専門講習(専門性の高い講習を実施)
※その他、お客さまのご要望に応じたカリキュラムを作成します。
 参考料金 1講習あたり10万円~
 
■ドローンスクールへのお申し込みおよびお問い合わせ先
オリックス・レンテック株式会社
戦略営業部 福島・小澤
TEL:03-3473-6203 (平日9:00~17:00)
E-mail:drone.training.school@orix.jp

[画像: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オリックス株式会社の関連情報

オリックス株式会社

オリックス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]