技術から、戦略的な新規事業創出をサポートする。「ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社」と「フューチャーベンチャーキャピタル株式会社」はCVC設計・運営支援のための業務提携を発表しました。

ナインシグマ・ホールディングス株式会社 2018年04月18日

From PR TIMES

世界的 オープンイノベーション支援企業 ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社(本社︓東京都千代田区、代表取締役社長 諏訪暁彦 以下 ナインシグマ)と、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(本社︓京都府京都市、代表取締役社長 松本直人 以下 FVC)は、4月18日、新規技術や事業の創出を成功に導くコーポレート・ベンチャーキャピタル(以下CVC)プログラムの設計・運営支援のための業務提携に合意致しました。



<業務提携の背景・ねらいについて>
●ナインシグマ 代表取締役 諏訪暁彦のコメント

現在、ベンチャー企業の活力を取り込んだ新規事業創出の手段として、CVCが注目を集めています。しかし、これまでの多くのCVCは財務的な視点を重視したものが多く、意思決定の独立性や投資先の選択肢にも制限がありました。戦略的な新規事業創出に役立つ仕組みとしては不十分な点も多かったといえるでしょう。ナインシグマは『技術の目利き』として世界中からシナジーを生む最適なベンチャー企業を見出し、パートナーであるFVCは豊富なCVCファンドの運営と管理の実績で、ともに戦略的で新規事業創出に役立つ、CVCの設計・運営を目指すことが可能になります。

<サービス概要とチーム構成イメージ図>

[画像: (リンク ») ]
・CVCの投資事業開発はGP*1とLP*2の合意のもと、自立ファンドとして遂行されます。
・案件に応じて柔軟に、最適な経営戦略策定チームを組成します。
・ナインシグマは技術的な視点で、世界中の有望スタートアップ企業を発掘・成長を支援します。
・FVCはファンドの管理・運営業務を担います。

*1 GPとはジェネラルパートナー無限責任組合員の略
*2 LPとはリミテッドパートナー、有限責任組合員の略


●ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社とはナインシグマは2000年の設立以来、オープンイノベーションを通じて誰もが幸せに暮らせる社会の実現を目指しています。これまで現在世界105か国以上で5000件、国内1200件以上の、オープンイノベーション支援実績がある、グローバル企業です。本社 東京都千代田区内神田1-3-3 代表取締役社長 諏訪暁彦 URL  (リンク »)

●フューチャーベンチャーキャピタル株式会社とはFVCは地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」と事業会社のオープンイノベーションを促進するための「CVC ファンド」に取り組んでいます。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成、人材育成、事業コンサルティングなどの支援を行っています。本社︓京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町 659 番地 烏丸中央ビル 代表取締社長 松本直人 証券コード︓8462 JASDAQ スタンダード URL  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]