地域活性のマーケティングを支援する『地方創生プロジェクト』開始。地方創生における課題の解決を目指す。

株式会社MERGERICK 2018年04月23日

From PR TIMES



AI(人工知能)を活用したECサイト運用サービス「bambooshoot(バンブーシュート)」を提供する株式会社マージェリック(東京都千代田区、代表取締役CEO:嶋泰宣、以下マージェリック)は、2018年4月2日より、ふるさと納税を活かしたまちづくりに取り組む自治体と協同し、地域活性のマーケティングを支援する『地方創生プロジェクト』を開始しました。地方創生をテーマに、ECで培ってきたノウハウを活かし、ふるさと納税による寄付額の拡大、SNSによる観光PRなど、地方創生に向けた独自のプログラムを提供します。

[画像: (リンク ») ]


2008年からスタートしたふるさと納税は、多彩な返礼品やワンストップ特例制度の導入やポータルサイトの登場による手続きの簡略化、控除上限額の引き上げなどにより、ここ数年で寄付総額が急増しています。総務省によるとふるさと納税による2016年度の寄付総額が過去最高の2844億に上ったと発表されました。しかし、ふるさと納税の実施率は約10%と少ない状態です。また、ふるさと納税実施自治体間での税収格差や、移住・交流人口の増加に繋がっていなかったり、人口減少の歯止めになっていなかったりと課題も多くあります。そこで、マージェリックが提供する、「bambooshootAD(バンブーシュートアド)」、「door(ドアー)」を活用し、地方創生における課題の解決を目指します。

◼bambooshootADを活用した地域マーケティング
ふるさと納税の申し込みページやランディングページ等のクリエイティブ改善を実施。さらに、bambooshootADの活用で情報拡散を行うことにより、地域の認知拡大及びふるさと納税の促進や地元特産品のPR・販売を促進していきます。

◼doorを活用し、新たな来訪者の拡大
地方創生を掲げた場所へdoorインフルエンサーを誘致。Instagramでの拡散、doorページ内及びキュレーションメディア「carry magazine」の企画として情報拡散を行い、観光名所の紹介や、よりローカルな観光地やお店を紹介し来訪者の拡大を目指します。

マージェリックは「地方創生プロジェクト」を通して、自治体が抱える問題を解決し、地方活性化を促進。そして、日本の活性化を目標としています。

【株式会社マージェリック 会社概要】
所在地  :〒100-0014東京都千代田区永田町2-17-4 笠松千代田ビル3F
代表取締役:嶋 泰宣
設立年月日:2013年9月17日
業務内容 :AIによるEC運営サポート、WEBデザイン、システム開発、アプリ開発、自社サービス開発など
資本金 :394,599,168円(資本準備金含)
URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]