編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

選ぶだけでETF自動売買ができる「ETF自動売買セレクト」バージョンアップ!PCでもスマホでも、銘柄選びがもっと便利に!

インヴァスト証券株式会社

From: PR TIMES

2018-04-23 12:01

インヴァスト証券株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役:川路 猛)では、国内外のETFをCFDの形式で取引できる「トライオートETF」は、2018年1月に大幅バージョンアップした「ETF自動売買セレクト」を4月21日(土)にさらにバージョンアップいたしました。



[画像1: (リンク ») ]


■「ETF自動売買セレクト」バージョンアップ内容
【1】「セレクト一覧」画面のレイアウトをボックス形式からリスト形式に変更
「セレクト一覧」画面は、ETF銘柄の選びやすさを重視し、必要最低限の情報をコンパクトにまとめるためボックス形式からリスト形式に変更いたしました。この変更により、スマートフォン利用時の利便性が大きく向上しております。
また、各銘柄の詳細情報は、セレクト一覧画面から僅かなアクションで確認画面に遷移できるため一覧画面から情報を削りシンプルな設計といたしました。
[画像2: (リンク ») ]


【2】 ETF自動売買セレクトの「推奨証拠金」を相場の変動を考慮した算出方法に変更
トライオートETFの推奨証拠金は、証拠金に余裕を持ってお取引いただくための算出方法としておりますが、株式相場の暴落など大きな相場の変動を考慮したものにするため「2014年1月からの期間最大評価損失の1/2※」を加味した計算式に変更いたしました。
なお、本算出方法はETF自動売買セレクトのみに適用されており、トライオートETFの「自動売買を作る」利用時は従来の推奨証拠金が適用されます。
※期間は2014年1月、2015年1月、2016年1月、2017年1月を起点に現在までを4つに区切っております。

■ETF自動売買セレクト 推奨証拠金計算式
【従来 推奨証拠金算出方法】2018.4.20まで
必要証拠金×取引口数×銘柄毎に算出した倍率※1

【新 推奨証拠金算出方法】2018.4.21から
(必要証拠金×取引口数×銘柄毎に算出した倍率※1)+(2014年1月からの期間最大評価損の1/2)

※1.ポジションを翌日に持ち越す際に、前日終値と当日始値の乖離によるロスカットを回避するため、過去の
前日終値から当日始値の最大下落幅を算出しそれによる損失率をカバーする倍率。
※ 必要証拠金は、レバレッジ5倍の必要証拠金額を基準にしています。

【3】収益率に評価損益(含み損)を加味して算出
従来の収益率は、選択期間の実際の損益のみを元に算出しておりましたが、より実情に即した収益率の表示方法を検討し、保有建玉の評価損を加味することといたしました。

【4】その他の変更点
●銘柄の詳細確認画面に注文設定を表示
詳細確認画面に情報を集約し、一画面で注文の設定内容まで確認できるようになりました。
[画像3: (リンク ») ]


●ポートフォリオ作成時の「カート」の推奨証拠金額表示を一部修正
複数銘柄をカートに入れた際の推奨証拠金配分を金額表示から割合(%)に変更し、組み入れ比率を明確に把握できるようになりました。
[画像4: (リンク ») ]


トライオートETFは、引き続きCFDの取引形態を活用することで、円建て、元本為替リスクなし、レバレッジ取引、そして低コストで世界のETFに誰でもアプローチできる環境を提供してまいります。そして、自動売買機能を強化していくことで更なる機会の追及を目指して参ります。

詳しくは「インヴァストNAVI」に掲載のブログをご覧ください
(リンク »)


【会社概要】
商号   :インヴァスト証券株式会社    上場市場: JASDAQ 証券コード: 8709
本社所在地:東京都港区西新橋1丁目6番21号 NBF虎ノ門ビル
代表者  :代表取締役 川路 猛
資本金  :59億6,508万円
設立: 昭和35(1960)年8月10日
事業内容 :金融商品取引法に基づく金融商品取引業
登録番号: 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号
加入協会 :一般社団法人金融先物取引業協会  一般社団法人日本投資顧問業協会  日本証券業協会

【リスク・費用などについての重要事項】
本取引は、対象とする銘柄の価格変動や、金利等、外国為替の価格変動、原市場の状況および原資産の発行者による信用状況の悪化等により損失が生ずるおそれがあります。 保有ポジションについては、金利・貸株料調整額や分配相当額の受払いが発生する場合があります。 当社は、有効証拠金率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は、預託すべき証拠金額以上の取引が可能なため、 急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。原市場が定める上場廃止基準に該当して、上場廃止となる場合があります。
●売買手数料は、新規・決済注文ともに無料です。●本取引は、各銘柄の売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。●証拠金は、個人・法人ともに1口あたり想定元本の円換算額の20%以上となっており、証拠金の約5倍までのお取引が可能です。●本取引は、元本および収益が保証された取引ではありません。 お取引にあたっては、本取引の仕組み、内容およびリスクを十分にご理解いただいたうえで、お客様ご自身の責任と判断でお取引いただきますようお願いいたします。その他の重要事項については、ホームページを必ずご確認ください。
●トライオートETFのリスク・重要事項については、当社ホームページをご覧ください。 (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]