AIを活用する独自のログ分析プラットフォームを構築、自社SOCへ導入

SBT 2018年04月23日

From PR TIMES

~アナリストの分析高度化と脅威検知スピードの向上でセキュリティ監視サービスを強化~

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、セキュリティ脅威検知のAIモデルを開発し、独自のログ分析プラットフォームを構築したことをお知らせします。
ログ分析プラットフォームは、5月から自社SOC(Security Operation Center:セキュリティ監視センター)へ導入し、顧客のセキュリティシステムを24時間365日運用・監視するサービス「マネージド・セキュリティ・サービス(Managed Security Service、以下MSS)」にて利用を開始します。



AIはセキュリティアナリストの経験と知識をモデル化したもので、判定結果の再学習により、日々進化する脅威情報を習得して精度を上げ、危険度の高いログやアラートの抽出を効率化していきます。これによりセキュリティアナリストは高度な分析に専念し、スピーディーな脅威検出ときめ細かなアドバイスを実現します。

また、ログ分析プラットフォームは Microsoft Azure 上で構築されており、データ容量や分析処理の増加にも柔軟にスケールでき、監視対象追加などの顧客要望に迅速な対応が可能となります。

■AI導入後の脅威検知イメージ
[画像: (リンク ») ]


SBTは今後も「セキュリティ」「データアナリティクス」「クラウド」各領域の強みを生かし、高品質のサービス提供を目指してまいります。

■マネージド・セキュリティ・サービスの詳細はこちらをご覧ください。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]