デイトリウムジャパン、HCIソフトウェアの最新版「DVX 4.0」を発表し、仮想化基盤におけるTier1アプリケーションの信頼性を向上

デイトリウムジャパン合同会社 2018年04月24日

From PR TIMES

~ 併せてメガクラウドへのバックアップ無償トライアル プログラムを開始 ~



仮想化環境でのシステム性能を最大限に高速化するソフトウェアとデータ保護ハードウェアをセットにした、新世代コンバージド システムを提供するデイトリウムジャパン合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:河野通明、以下デイトリウムジャパン)は、I/O高速化システムである「Datrium DVX(デイトリウム ディーブイエックス)」にて稼働するハイパー コンバージド インフラストラクチャー(HCI)ソフトウェアの最新版である「DVX 4.0(ディーブイエックス4.0)」を発表し、仮想化基盤でのTier1(第1階層)アプリケーションの信頼性を大きく向上させました。今回の新しいHCIソフトウェアにおいて、データベースの複数のコンピュートノードに分散して処理するクラスタリングをサポートするとともに、コンピュートノード内のSSD障害時の可用性の向上を実現しました。
今回発表するHCIソフトウェア「DVX 4.0」の新しい機能は以下のとおりです。

Oracle Real Application Clusters (Oracle RAC)サポート
最大4ノードのvSphereクラスターにおけるOracle RACをサポートします。

「DVX Software」が稼動する「Datrium DVX」は、コンピュート ノードにあるSSDをキャッシュとして読み込ませることでシステム性能を最大限に高速化させます。Oracle RACはCPUのコア数に対してライセンスされますが、「Datrium DVX」は一般的なHCIより少ないCPUコア数で稼働させることが期待できます。また、「Datrium DVX」はコンピューティングとデータ保護のレイヤーが分離しており、データ容量の拡張のためにコンピューティングまで追加する必要はありません。
Oracle RACは最小構成が2ノードです。一般的なHCIの場合は最低3ノード構成が必要になるため、最小構成ではCPUのコア数が余分に必要となります。「Datrium DVX」であれば2ノードでの構成も可能です。
Oracle RACは4ノード構成であれば、3ノードに障害が発生しても稼働させることができます。しかしながら一般的なHCIの場合、仮に4ノードのうち3ノードに障害が発生するとシステム全体が停止してしまうため、Oracle RACの可用性に追随することができません。それに対して「Datrium DVX」であれば4ノードのうち3ノードに障害が発生しても稼働し続けることができます。

このように、「 DVX 4.0」により、HCIであってもOracle RACによるパフォーマンスを最大限に活かした信頼性の高いミッション クリティカル環境(注1)を構築できるようになりました。

SSD障害時の可用性の向上(ピアキャッシュモード)
コンピューティング ノード内に搭載されているRAIDコントローラーなどの障害により、仮にすべてのSSDが利用できなくなった場合であっても、別のコンピュートに搭載されているSSDを暫定的に使用することで仮想マシンを継続稼働し続けることができます。これにより、SSD障害時においてのフォールト トレランスが実現します。

そして、今回のHCIソフトウェア新版の発表に併せて、新たにハイブリッド クラウドへの対応を促進させるプログラムを開始します。
「Datrium DVX」のデータをAmazon Web Serviceにバックアップするソフトウェア「Cloud DVX」を広くお客様にお試しいただくために「Cloud DVX無償トライアル プログラム」を開始します。Amazon Web Serviceの1テラバイトに遠隔地バックアップ データを保存する権利を1年間無償でお使いいただくことができます。「Cloud DVX」ではグローバル重複排除を行うことにより、実質6テラバイトのデータ保護を無償で行うことが可能となります。なお、このプログラムは2018年9月末までに購入いただいた「Datrium DVX」システムに対して提供されます。


「Cloud DVX」管理画面

[画像: (リンク ») ]

「Cloud DVX」管理画面

販売製品と価格について

「DVX 4.0」の主な仕様と価格は以下のとおりです。

[表1: (リンク ») ]



「Cloud DVX」の主な仕様と価格は以下のとおりです。

[表2: (リンク ») ]



※ご参考:「Datrium DVX」の主な仕様と価格

[表3: (リンク ») ]



販売とサポートについて
「Datrium DVX」はDatrium販売代理店(ノックス株式会社:2018年4月現在)より購入いただけます。また、サポート サービスは購入先の販売代理店より提供されます。

(注1)システムの可用性はOracle RACに依存します。
(注2)本日より2018年9月末日までにご購入いただいたシステムに対して提供されます。また、AWS自体に掛かる費用はお客様自己負担となります。

参考資料
Datrium DVX画像: (リンク »)
DVX Compute Node画像: (リンク »)
DVX Data Node (HDDモデル)画像: (リンク »)
DVX Software GUI画像: (リンク »)
プレスリリースPDF  (リンク »)

デイトリウムジャパン合同会社について
デイトリウムジャパンは、米国デイトリウム社の日本法人として、2018年に設立されました。米国デイトリウム社は、ハイパーコンバージド インフラストラクチャー思想の先を見据えてデザインされたオープン コンバージド インフラストラクチャーをリードする企業です。同社のI/O高速化システムは、コンピューティング、プライマリーストレージ、バックアップを統合し、ハードウェアの限界を超えたI/Oの高速化を実現するとともに、ハイブリッド クラウド インフラストラクチャーの管理と保護を大幅に簡素化します。 同社は、Data DomainのCTOや創業者、VMwareの初期のプリンシパル エンジニアが率いています。

[動画: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]