京急の新広報誌「MIULIKE(ミウライク)」をantenna*[アンテナ]でデジタル化し、配信開始

株式会社グライダーアソシエイツ 2018年04月25日

From PR TIMES

三浦半島の魅力を、”海”というフィルターを通して発信

株式会社グライダーアソシエイツ(本社:東京都港区、代表取締役社長:杉本哲哉)が運営するキュレーションアプリantenna*[アンテナ]は、京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田一之、以下 京急電鉄)が2018年4月25日(水)に創刊する新しい広報誌「MIULIKE(ミウライク)」の一部記事をデジタル化し、配信開始いたします。



[画像1: (リンク ») ]


■「MIULIKE(ミウライク)」とは

[画像2: (リンク ») ]

京急電鉄が発行する新しい広報誌。フランスで有名な旅行ガイドブックでも紹介され2つ星にもなっている三浦半島の魅力を、海というフィルターを通して読者にお伝えしていきます。

京急電鉄は、都市近郊リゾート三浦の創生を目指し「MIULIKE」の発行によって、三浦半島でのライフスタイルや春夏秋冬、季節を問わない楽しみ方を提案し、マリンリゾートにおける「いいね!」と言ってもらえるような三浦半島の魅力を読者に発信します。

創刊号では、初めてのウインドーサーフィン体験を特集し、5月に開催されるウインドーサーフィンワールドカップ横須賀大会の情報も紹介します。その他、海の見えるテラスカフェ・レストランのグルメ情報や、三浦市在住の方によるリアルなライフスタイルを紹介、さらに地元食材を使用した特別メニュー特典やインスタグラムと連動したプレゼントなども実施いたします。

今後も都心および近郊にお住まいの方をターゲットに、魅力ある三浦半島の海を中心に様々なフィールドを切り口とした情報を季節号(年4回)で発行。配布場所は、京急線各駅(泉岳寺駅を除く)、京急グループ一部施設など、また京成線・東京メトロの一部の駅で行います。


■創刊号でのantenna* の取り組み
特集のひとつである「海風を身近に感じるテラスカフェ&レストラン」を、創刊日である4月25日(水)から広告配信いたします。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

キュレーションアプリantenna* は、350以上の良質な提携メディアから受け取る一日約1,500ものコンテンツに社内のスタッフが目を通し、ユーザーに読んでいただきたいものをピックアップ。多彩なチャンネルフィードで、約300~400の旬なコンテンツを毎日配信しています。

東京での生活をより楽しんでもらいたい、より豊かな体験をしてもらいたいという思いを込め、ユーザーのみなさまの「TOKYO* LIFE」に資する上質なコンテンツをお届けしています。

antenna* アプリダウンロードはこちら
(リンク »)

antenna* ブラウザ版はこちら
(リンク »)

株式会社グライダーアソシエイツ 会社概要
社名     株式会社グライダーアソシエイツ
本社     東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー35F
URL     (リンク »)
設立     2012年2月6日
代表者    代表取締役社長 杉本哲哉
事業内容   antenna* の企画、運営
 広告・プロモーション事業、各種インターネットメディアの企画、 開発
 コンテンツマーケットプレイスの企画、開発

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]