教育と探求社、日本最大規模の学校向けアクティブ・ラーニング型教育カリキュラム 「クエストエデュケーション(2018年度版)」を27都道府県133校に提供開始。

株式会社教育と探求社 2018年04月25日

From PR TIMES

過去最大、昨年比147%増の22,200人以上の生徒が参加。

 小学・中学・高校・大学向けの教育カリキュラムの開発・提供を行う株式会社教育と探求社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:宮地 勘司)は、アクティブ・ラーニング(以下、AL)型の教育カリキュラム「クエストエデュケーション」( (リンク ») )の本年度版の提供を、4月5日より開始いたしました。



本件の背景
社会の激しい変化やテクノロジーの加速度的な進化を背景に、これまでの知識注入型教育から、子どもたち自身が主体的に考え、行動し、課題や答えを見つけるAL型の探求学習に注目が集まっています。新学習指導要領では「主体的・対話的で深い学び」を中心に据え、高校で「探究」科目を新設し、大学入試もセンター試験の廃止、AO・推薦入試の拡大にシフトしていきます。

当社は2004年から14年の間、子どもたちの主体性を育むことを目的にしたAL型教育カリキュラム「クエストエデュケーション」の開発・提供を行って参りました。昨年度、学校向け教育カリキュラムとして初めてのグッドデザイン賞を受賞し社会的な注目度が増す中、2018年度「クエストエデュケーション」を北海道から沖縄まで27都道府県の133校、約22,200人に対し提供を開始いたしました。

現在の教育界の変化を背景に、より多くの小学生・中学生・高校生・大学生に当カリキュラムを提供することを通じて、「自分らしく、生きる。」ことを実現する人を増やしていきたいと考えています。

「クエストエデュケーション」とは
当社が学校向けに開発した現実社会を題材に「生きる力」を育むことを目的としたAL型の教育カリキュラムです。 多様化する学校現場のニーズに合わせ、様々なテーマを探求する7コースを提供しています。これまで延べ12万人が学んできました。

<クエストエデュケーション 4つの特徴>        

[画像1: (リンク ») ]



<2018年度の新たな取り組み>
1.株式会社ベネッセホールディングスとソフトバンク株式会社の合弁会社Classi株式会社が提供する学習支援プラットフォーム「Classi」への一部コンテンツの配信。

2.英語4技能への対応も可能な、英語で議論し、発表する「ソーシャルチェンジイングリッシュ」の提供。

3.元陸上選手 為末大氏など6名の今を生きるオピニオンリーダーの人生を教材とした「ザ・ビジョン」の提供。

<2018年度提供コース>

[画像2: (リンク ») ]


<2018年度「企業探究コース」参画企業>

[画像3: (リンク ») ]


<2018年度年間テーマ>
生徒一人一人に対しての「クエストエデュケーション」への向き合い方の指針として設定しています。2018年度は「BE WILD」です。
[画像4: (リンク ») ]


教育と探求社について
教育と探求社は、「自分らしく、生きる。」という理念のもとに事業を行なっている教育会社です。主な事業として学校への「クエストエデュケーション」の提供、また、各種教育イベントの企画・運営、社会人向けの研修などを行なっています。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]