64チャンネルデジタルMTR『DA-6400』の新機能を追加した最新ファームウェアV2.00を無償ダウンロード開始

ティアック株式会社 2018年04月26日

From PR TIMES



ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、MADI、Danteなどに対応した64チャンネルデジタルマルチトラックレコーダー『DA-6400シリーズ』の新機能を追加した最新ファームウェアV2.00をTASCAMホームページにて本日より無償ダウンロード提供を開始いたしました。


[表: (リンク ») ]



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


※DA-6400インターフェースカードIF-MA64/EX装着例
『DA-6400』 (リンク »)

『DA-6400シリーズ』はMADI/Danteなどフレキシブルなオーディオインターフェースに対応し、Pro Toolsシステムとの同期運転によるバックアップ録音も可能な1U 64チャンネルデジタルマルチトラックレコーダー/プレーヤーです。

その『DA-6400シリーズ』が最新ファームウェアV2.00により新機能の追加やユーザビリティが向上を致しました。

【V2.00 新機能一覧】
・劇場、アミューズメントでの送出に最適なシアタープレイ機能に対応
・JPPAポン出しプレイリストに準拠したプレイリスト機能。エントリー毎の再生範囲の設定も可能
・再生中のテイクの再生が終了したとき、次のテイクの先頭で再生待機状態になるAuto Readyに対応
・フォルダ内全テイクでのタイムコード同期再生に対応 (V2.00以前はカレントテイクの同期再生)
・32bit PCM形式/32bit float形式のWAVファイルの再生に対応
・テイクリストをテイクタイムコード順、もしくはテイク名順に並び替える機能を追加
・ホーム画面で、カレントテイクやプレイリストを操作するメニューを表示する機能を追加
・選択したメニューページだけを表示させるマイメニュー機能を追加
・mDNS (Multicast DNS)に対応し、Mac OSやmDNS対応のTelnet、VNC、FTPのアプリからDA-6400のネットワーク接続が簡単に可能
・VNCサーバーの2種類の圧縮転送フォーマットに対応
・メニュー画面のSNTPページに現在日時の表示を追加
・録音中にバッファーオーバーフローが発生した場合のマークポイント設定
・BWFファイルのBEXTチャンクデータにTrack Namesなどのメタデータを追加
・BWFファイルにTrack NamesなどのメタデータのiXMLチャンクデータを追加

■ 製品ページ
『DA-6400』  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]