住宅宿泊管理業者登録申請が受理されました(matsuri technologies株式会社子会社にて)

matsuri technologies株式会社 2018年04月26日

From PR TIMES

matsuri technologies株式会社の100%子会社であるmatsuri space株式会社(本社:新宿区高田馬場)は、平成30年6月15日より施行される、住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づき、平成30年4月16日、家主不在型の住宅宿泊事業者から委託を受けて、家主業務の代行を行う「住宅宿泊管理業者」の登録申請を受理されました。



matsuri space株式会社は、民泊業界において国内登録数No.1の民泊運営管理システム「m2m Systems」を展開するmatsuri technologies株式会社の子会社として平成30年2月1日に設立された会社で、平成30年4月16日、住宅宿泊管理業者登録申請を受理されました。

[画像: (リンク ») ]


この度、住宅宿泊事業法(民泊新法)では、大きく分けて3つの制度が設立されました。

1.住宅宿泊事業者に係る制度の設立

2.住宅宿泊管理業者に係る制度の設立

3.住宅宿泊仲介業者に係る制度の設立

「住宅宿泊管理業者」は、適正な管理業の遂行や事業者との適切な管理委託契約の締結を含め、12項目からなる義務項目があります。

これらは、我が国における国内外からの観光旅客の宿泊に対する需要に対し的確に対応し、来訪者の滞在を促進し、国家の安定と経済の発展に貢献することを目的とされております。

matsuri space株式会社は、民泊業界において登録数No.1の民泊運営管理システム「m2m Systems」を展開するmatsuri technologies株式会社の子会社として、民泊オーナー様の経営をサポートし、様々な形の住宅宿泊管理業務を行ってまいります。


【matsuri space株式会社】
(リンク »)
~テクノロジーで空間を再定義、解放する~

【matsuri technologies 提供サービス】

【m2m Basic】 (リンク »)
総実績500万超を誇るAirbnbメッセージ代行サービス

【m2m Systems】 (リンク »)
総導入物件数10,000施設を超える、国内登録数No.1の民泊管理ツール

【nimomin】 (リンク »)
「民泊+短期賃貸」の組み合わせで貸し出しを行う集客支援ツール

【m2m check-in】 (リンク »)
民泊宿泊者向けオンライン自動チェックインシステム

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]