福岡ソフトバンクホークス ライブリッツ社の野球選手AIトラッキングシステムをチーム戦略に活用

ライブリッツ株式会社 2018年04月27日

From PR TIMES

ライブリッツ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:村澤 清彰、以下ライブリッツ)と、福岡ソフトバンクホークス株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:後藤 芳光、以下ホークス)は、ライブリッツが開発し提供する「野球選手トラッキングシステム(以下トラッキングシステム)」を福岡ソフトバンクホークスのチーム戦略に活用することとなりましたのでお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]



「トラッキングシステム」は高解像度カメラによって撮影された投球・打撃・守備・走塁動作を一括してデータ化し、AI(独自の機械学習機能)を利用して分析するものです。守備範囲、守備位置、打球への反応速度、走者の塁間スピード、加速度、コースの取り方等を統計に基づき指標化することで、勘と経験に頼りがちだったプレイ分析を科学的に判断・評価することができるようになります。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



ホークスは「トラッキングシステム」の2018年シーズンからの本格導入に向けて、3月中旬よりヤフオクドームや二軍球場に専用機器を設置してデータの蓄積を開始しており、「トラッキングシステム」で得られたデータを活用することで、より戦略的な守備シフトの構築や走塁技術の向上などが期待できます。

ライブリッツとホークスは、4年に渡って(*)IT戦略パートナー関係にあり、ライブリッツによるチーム強化システムの構築・運用が、福岡ソフトバンクホークスのリーグ優勝や日本シリーズ制覇に貢献しております。

※前身のフューチャーアーキテクト株式会社プロスポーツ担当グループからの期間を含みます。ライブリッツとフューチャーアーキテクトは、ともにフューチャー株式会社のグループ会社です。
(リンク »)

■ライブリッツ株式会社
代表者:代表取締役 村澤 清彰
設立:2011年10月 (2017年4月にフューチャーアーキテクトのプロスポーツ担当グループを移管)
事業内容:スポーツシステム、ソーシャルゲームの企画・設計・開発・運用
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]