「おいしくお得にロス削減」日本初のフードロス削減サービス”TABETE”が4/29(日)より地域限定で本サービスリリース

株式会社コークッキング 2018年04月27日

From PR TIMES

遅い時間でも食の選択肢が増える!お仕事帰りに「おいしく楽しくちょっぴりお得に」フードロスをレスキューしませんか?

株式会社コークッキング(本社:東京都港区南麻布、代表取締役:川越一磨)は、中食・外食事業者様の閉店間際や商品入れ替え時に発生してしまう余剰食品をお得に購入できるWebサービス「TABETE」を、2018年4月29日(日)10時より渋谷駅・恵比寿駅・麻布十番駅周辺を中心に正式リリース致します。
【URL】 (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

■TABETEの4つの特徴
1.レストランやお惣菜屋さんの余剰食品を、美味しくお得にテイクアウトできます。
2.お仕事からの帰り道、簡単に購入・お取り置き・受け取りができます。
3.気軽においしくフードロス削減・社会貢献ができます。
4.少しでも健康を気にしたい女性にとって、夜遅い時間の食の選択肢が増えます。
[画像2: (リンク ») ]


■TABETE誕生の背景
TABETEは、「まだ食べられる食品を捨てる」フードロスが実際に発生している現場にいた経験を持つメンバーで立ち上がりました。それぞれの抱える原体験から、食料廃棄への問題意識を強く持っており、華やかな食の「表側の世界」だけではなく、食の「裏側の世界」にもスポットライトをあてたいと考えています。

日本のフードロスの総量は621万トンと言われており、年間のコメ生産量800万トンと比較してもインパクトの大きい量であることがわかります。また、その経済損失は1兆9000億円と試算され、食料自給率がカロリーベースで39%であることから考えても、フードロスは我が国が抱える非常に大きな社会課題です。TABETEは、そんな深刻な日本のフードロスの問題を解決するために誕生しました。

なぜ私たちがNPOやNGOといった形ではなく、株式会社かつスタートアップと言う形としたのか。それは、社会課題がより「日常に溶け込む」形にするためです。TABETEが日常生活に浸透することによって、食べ物の消費の仕方が変わる。ひいては、食の業界のプレイヤー全体が一緒にフードロス削減に取り組み始める。TABETEは、そんな「フードロス削減に向けた社会的ムーブメント」を起こす火付け役になれると確信しています。

[画像3: (リンク ») ]


■株式会社コークッキングについて
一人ひとりが【人間らしく創造的に】暮らすことができる社会へ
私たちコークッキングは新しいかたちの「場」「しくみ」「ツール」づくりを通して、人間らしく創造的な人々の暮らしを目指し、日々さまざまな人・団体の活動を支援していくことを使命として活動しています。

【会社概要】
会社名:株式会社コークッキング
所在地:東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイントビル3階
代表者:川越 一磨
設立:2015年12月1日
URL: (リンク »)
[画像4: (リンク ») ]


【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社コークッキング
e-mail:contact@cocooking.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]