編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

リニューアルした『美術手帖』6月号は「アートと人類学」特集! 五木田智央の特別付録も

株式会社美術出版社

From: PR TIMES

2018-05-06 13:01

フィールドワークを行い、自ら「体験する」ことを軸に、世界と人間の営みを探究してきた人類学と、美術表現の多様な交点を探る。『美術手帖』6月号は「アートと人類学」特集。



[画像1: (リンク ») ]

創刊70周年を迎えた『美術手帖』は、5月7日(月)発売の2018年6月号から、隔月発行に移行し、電子版の販売も開始。
リニューアル第1号となる6月号は、「アートと人類学」を特集する。

人間存在にまつわるあらゆる事象について探究する学問、人類学。観察参与という手法や、体験に重きを置くその思考方法は、ときにアーティストたちにも影響を与えてきた。
そして人類学もまた、美術の手法に学び、表現の営みについて考察してきた歴史を持つ。
本特集では、フィールドワークによる作品から研究機関でのプロジェクトまで、美術と人類学のクロスポイントにある実践の数々を取り上げる。
[画像2: (リンク ») ]


巻頭座談会では、写真家・映像人類学者で「あいちトリエンナーレ2016」の芸術監督を務めた港千尋、世界中の教会の献金箱や、戦時中に製造された陶器製手榴弾などについてのリサーチを行い、作品を制作してきたアーティストの笠原恵実子、映像人類学者としてアーティストとの協働も積極的に行う川瀬慈が、「イメージ」の扱い方をテーマに、それぞれ異なる立場から語り合った。

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

Part1では、人類学的思想と交差するアーティストやキュレーターの実践を紹介。
アーティストの下道基行が、フィールドワークにより制作された「torii」や「戦争のかたち」シリーズの制作プロセスを語るインタビューのほか、ともに狩猟をテーマとする人類学者の山口未花子とアーティストの井上亜美、人類学の分野でも活動する若手キュレーターの上妻世海が登場。
また、「人類学的思考」をもとに制作を行う国内外の作家解説や、1989年の「大地の魔術師たち」展に始まる、キュレーターたちの実践を振り返る企画も。
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

Part2では、学術研究の領域での、人類学者たちのアートとの協働にフォーカス。
人類学の重要人物や基本概念をイラストを交えて紹介する「基礎知識」コーナーに始まり、人類学博物館が先住民アーティストを支援するバンクーバーの研究シーンや、映画『リヴァイアサン』などで知られる注目の人類学者兼映像作家、ルシアン・キャスティン=テイラー&ヴェレナ・パラヴェルの貴重なロングインタビューを掲載。
また、イメージやサウンドを扱い、民族誌映画の制作も行われる「映像人類学」の分野について、領域横断的な手法が次々と生み出される最新の状況をトピックごとにたどり、美術と人類学が交差する現場を紹介する。


さらに、美術作品やアートシーンを研究対象とする人類学者によるコラムや、アートと人類学の関わりを包括的に論じる、石倉敏明による論考なども掲載する。

アートと人類学の協働は、人間と世界、表現についての大きな問いに挑む試みであるいっぽうで、そこには自ら体験することの意味や、他者をどうとらえ、どう語るかという、普遍的な問題意識がある。
学術研究とアートのクロスポイントを紹介しながら、誰もの日常につながりうる観点を提示する内容となっている。
[画像7: (リンク ») ]


特別付録は画家の五木田智央によるZINE。五木田が制作のインスピレーション源としているスクラップブックをもとにしたコラージュと、五木田と親交が深い写真家・塩田正幸による、開催中の「PEEKABOO」展制作風景のドキュメントスナップで構成された別冊となっている。作品集としても楽しめる、ここでしか手に入らない1冊だ。

___

特集 アートと人類学
多元化する「世界」の描き方


新たな協同のフィールドへ向けて 港千尋=文

巻頭座談会
アートと人類学のクロスポイント 港千尋×笠原恵実子×川瀬慈


PART1 アーティスト/キュレーターの視点
アートにおける人類学的思考と実践

下道基行インタビュー
対談:井上亜美 山口未花子
上妻世海インタビュー

アーティストの人類学的実践とは 奥脇嵩大=文

展覧会にみる美術と人類学的思考の展開


PART2 人類学者の視点
人類学におけるイメージと表現

人類学の基礎知識 佐藤知久+中谷和人+渡辺文=監修
人類学のアイデアマップ/人類学者と基礎概念/人類学者へのQ&A/ブックガイド

映像人類学を知るための最新トピックス 川瀬慈=監修

注目の人類学研究機関
ブリティッシュ・コロンビア大学人類学博物館/ハーバード大学感覚民族誌学ラボ/その他の研究機関

コラム:美術を研究する 兼松芽永+登久希子=文


論考:アートと人類学の地殻変動 石倉敏明=文

___
特別付録
五木田智央 COMPOSITION BOOK

翻訳連載
デューティーフリー・アート ヒト・シュタイエル=文 大森俊克=翻訳

Artist Pick Up
ヘンリー・テイラー
ホー・ツーニェン

ARTIST INTERVIEW
藤井光
___
美術手帖6月号 5月7日(月)発売
定価1600円+税
発行元=美術出版社

『美術手帖』公式サイト (リンク »)
Amazonサイト (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]