アクティブノイズキャンセリング機能&アンビエントアウェア機能を搭載した「EVEREST ELITE 750NC」新発売

ハーマンインターナショナル株式会社 2018年05月09日

From PR TIMES

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、アメリカ カリフォル ニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、ノイズキャンセリングオーバーイヤーヘッドホン「EVEREST ELITE 750NC」を5月18日(金)より発売いたします。



[画像1: (リンク ») ]

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、ノイズキャンセリングオーバーイヤーヘッドホン「EVEREST ELITE 750NC」を5月18日(金)より発売いたします。
今回発売する「EVEREST ELITE 750NC」は、高音質・高機能を追求したJBLヘッドホンの最上位シリーズからアンビエントアウェア機能を搭載したノイズキャンセリングオーバーイヤーヘッドホンです。
ノイズキャンセリングの方式には、フィードフォワード方式と、フィードバック方式の両方式を採用したハイブリッド方式ノイズキャンセリングを採用し、高性能な消音パフォーマンスを可能にしました。また、周囲の音の聞こえやすさを調整できるアンビエントアウェア機能を搭載。例えば、駅のホームで案内放送を聞きたいときなどに便利な機能です。さらに、ひとりひとりの耳の形状をスキャニングし、その形状に応じて自動的に最適な音をセットアップするオートキャリブレーション機能を搭載していますので、自分の耳に最適な音で音楽をお楽しみいただくことができます。
ワイヤレス音楽再生時間は、ノイズキャンセリング機能をオンにした場合で最大15時間の接続が可能なので、バッテリーを気にせずご使用いただけます。加えて、電源をオフにした時でも付属のケーブルを使えば、ワイヤードヘッドホンとして使うことができ、外出先でのバッテリー切れやバッテリーを節約したいときでもJBLサウンドをそのままにお楽しみいただけます。
音の豊かさやリスニングの快適さを追求したEVEREST ELITE 750NCで、ライフスタイルに合わせながら、JBLのフラッグシップモデルが誇るJBLサウンドをお楽しみください。

【特長】
■高性能40mm径ダイナミックドライバー採用
独自のサウンドテクノロジーにより開発された高性能40mm径ダイナミックドライバーを採用。余裕のあるワイドレンジ再生を実現し、パワフルで躍動感溢れるJBLサウンドをお楽しみいただけます。


■アクティブノイズキャンセリング機能&アンビエントアウェア機能を搭載
ノイズキャンセリングの方式には、騒音集音用マイクをハウジング本体外側に配置するフィードフォワード方式と、鼓膜に近いドライバーユニット側に配置するフィードバック方式の両方式を採用した「ハイブリッド方式ノイズキャンセリング」を採用。高性能な消音パフォーマンスを可能にしました。また、周囲の音の聞こえやすさを調整できるアンビエントアウェア機能を搭載。例えば、駅のホームで案内放送を聞きたいときなどに便利な機能です。アンビエントアウェア機能はアプリ(My JBL Headphones)からも、調整することが可能です。※My JBL Headphones アプリからは最新機能へのアップデートが可能です。
[画像2: (リンク ») ]


■最適な音を楽しめるオートキャリブレーション機能搭載
ヘッドホンのハウジング部のボタンを押すと、オートキャリブレーション機能が作動。ひとりひとりの耳の形状をスキャニングし、その形状に応じて自動的に最適な音をセットアップ。自分の耳に最適な音で音楽をお楽しみいただけます。

■約15時間の長時間ワイヤレスリスニングが可能
Bluetooth を搭載し、約3時間の充電で、ノイズキャンセリングモードでは最大15時間、ノイズキャンセリング機能をオフにしたワイヤレスモードでは最大20時間の再生が可能です。長時間のリスニングでも充電切れを気にすることなくお使いいただけます。また、バッテリー切れの際も付属のケーブルを接続すれば、ワイヤードヘッドホンとして使用ができるので、旅行や外出時にも最適です。電源が入った状態で一定時間操作がない場合に、自動で電源が切れるオートパワーオフ機能を搭載。バッテリーの節電に役立ち、長時間の使用を可能にします。(※時間は使用環境により異なります。)

■エコーキャンセリング技術を搭載し、高品質なハンズフリー通話を実現
ハウジング部分にはマイクを内蔵。エコーキャンセリング技術を搭載し、高品質なハンズフリー通話を実現しました。スマートホンとの相性も抜群です。

■人間工学に基づき快適な装着感
人間工学に基づき独自設計したヘッドホンは、耳にしっかりフィットし長時間のリスニングでも快適な装着感で音楽をお楽しみいただけます。

■スタイリッシュなカラーバリエーションをご用意
ガンメタル・シルバーの2色をご用意。光沢感のあるスタイリッシュなカラーを採用しました。本体は、イヤカップ部分で内側に折りたためる仕様になっており、コンパクトに収納が可能なため、持ち運びに便利です。また、高品質の専用キャリングケース付きのため、本体を傷つけることなく安全に持ち歩くことができます。
[画像3: (リンク ») ]

【主な仕様】
製品名:EVEREST ELITE 750NC(エベレストエリート750エヌシー)
タイプ:密閉ダイナミック型Bluetoothワイヤレス (オーバーイヤー)ノイズキャンセリング
カラー:ガンメタル、シルバー
Bluetooth:Bluetooth4.0
ユニット:40mm 径ドライバー
対応プロファイル:A2DP v1.2、AVRCP v1.4、HFP v1.6、HSP v1.2
周波数特性:10Hz - 22kHz
感度:92dB/mW
インピーダンス:16Ω
対応コーデック:SBC
重量(ケーブル含まず):約280g
連続使用時間 :ノイズキャンセリング使用&Bluetooth 接続時:約15時間  Bluetooth 接続のみ:約20時間 充電:約3時間 ※時間は使用環境により異なります。
付属品 :充電用USBケーブル、マイク付き1ボタンリモコン搭載ケーブル、 専用キャリングケース、フライトアダプタ
発売日:2018年5月18日(金)
価格:オープン価格 ※公式通販サイト販売価格29,880円(税抜)
※仕様、価格は変更となる場合がございます。

<JBL について>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わ るシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。 家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、 マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディング スタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、ブラジルワールドカップでは全競技場の6割がJBLの製品を採用しました。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、 自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、Lexicon(R)、Mark Levinson(R)、Revel(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベン ト/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・シ ステムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍し、2017年3月にて韓国サムスン電子の子会社となりました。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ハーマンインターナショナル株式会社の関連情報

ハーマンインターナショナル株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]