編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

りそなグループ、国内金融機関で初めて「Teradata Customer Journey Solution」を採用

日本テラデータ株式会社

From: PR TIMES

2018-05-14 14:01

~AI技術を活用したマーケティング・エンジン構築に向けた取り組みを共同で実施~



 日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 倫二、以下日本テラデータ)は、株式会社りそな銀行(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:東 和浩)、株式会社 埼玉りそな銀行(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:池田 一義)、株式会社近畿大阪銀行(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:中前 公志)(以下、りそなグループ)が、国内金融機関で初めて「Teradata Customer Journey Solution」のモジュールの一つである「Customer Interaction Manager」を採用したことを発表します。

 りそなグループは、AI技術を活用し、お客さま一人ひとりのニーズや行動に合わせた、高度な分析に基づく個別の提案を様々なチャネルを通じてリアルタイムで提供するマーケティング・エンジン構築のために「Teradata Customer Journey Solution」を採用しました。

 「Teradata Customer Journey Solution」は、個々のカスタマー・エクスペリエンスの全てのタッチポイントを時系列で把握し、最適化します。これによりマーケティング担当者は、カスタマージャーニー全体を俯瞰し、適切なアナリティクス・インサイトを得ることで高度なパーソナライゼーションが可能になります。また、自動化機能と優れた処理パフォーマンスを組み合わせることにより、何千もの個別のマルチステップ・コミュニケーションをリアルタイムで行うことができるようになります。「Customer Interaction Manager」はその中核モジュールの一つで、お客さまとのコミュニケーションを単発的な点としてではなく、接続性を持った線としてシームレスに管理をすることで、お客さまとのつながりを重視したマーケティングの実現を可能にします。

[画像: (リンク ») ]



 りそなグループと日本テラデータは、すでにAI技術を活用した顧客分析の高度化に向けた取り組みを開始しており、順次、本番環境に適用していくことを予定しています。

 本件関連事項については、2018年5月23日(水)開催のイベント「Teradata Universe Tokyo 2018」でご紹介する予定です。

 「Teradata Universe Tokyo 2018」詳細・登録受付URL: (リンク »)

以上

# # #

●日本テラデータウェブサイト内 プレスリリース
(リンク »)

# # #

◆テラデータについて
テラデータは、顧客企業のビジネス成果を最大化する支援を行っています。ビジネス・アナリティクス・ソリューション、アーキテクチャ・コンサルティング、および業界をリードするビッグデータとアナリティクスのテクノロジーのポートフォリオが、顧客企業のビジネスの可能性を引き出します。 (リンク »)

* TeradataおよびTeradataロゴは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]