アカマイ、技術者向けの一大テックイベント、「Akamai Tech Conference 2018」開催決定

アカマイ・テクノロジーズ合同会社 2018年05月23日

From PR TIMES

6月21日(木)10:00より、アカマイオフィスにて

世界最大、かつ最も信頼性の高いクラウド・デリバリー・プラットフォームを有するアカマイ・テクノロジーズ合同会社(本社:東京都中央区、職務執行者社長:徳永信二、以下「アカマイ」)は、6月21日 (木) に、アカマイの様々な最先端技術をご紹介する「Akamai Tech Conference 2018」を開催いたします。メディア企業の技術トップや現場の技術者が、最新の技術から次世代の人材育成まで、様々なテーマで講演いたします。



[画像: (リンク ») ]

サイト上でTbpsレベルを超える動画配信が当たり前となった今日、求められているのは、大量のトラフィックを抱えても落ちない信頼性、より良いユーザー体験のカギとなるサイトのパフォーマンスと高速性、そして深刻さを増すサイバー攻撃からサイトを守る高度な安全性です。 これら全てを実現するCDNこそが求められており、そのCDNの選択がこれまで以上に重要となっております。 本カンファレンスでは、CDN業界のリーダーであるアカマイが、4K/低遅延ライブ配信のベストプラクティスや最新技術のMPEG-DASH/CMAF情報等について、現場で活躍するエンジニアを結集してご紹介します。会場内では展示ブースも設置され、アカマイや協賛各社による最新技術の紹介やデモを実施いたします。

また、アカマイのユーザーであるお客様をお招きしての導入事例セッションや、IT人材育成にまつわるパネルディスカッションも開催予定です。

【開催概要】
日時: 2018年6月21日(木)
セミナー:10:00-17:55 (受付開始9:30より)
懇親会:18:00より
会場: アカマイ東京オフィス
東京都中央区京橋 2-1-3 京橋トラストタワー 6F
参加費: 無料(要事前登録)
定員: 100名
※詳細は右記ページをご覧ください (リンク »)
Facebookでは>>  (リンク »)

アカマイについて:
世界最大、かつ最も信頼性の高いクラウド・デリバリー・プラットフォームを有するアカマイは、デバイスや場所に関係なく、最高、かつ最もセキュアなデジタル体験をお客様に提供します。アカマイのプラットフォームは130カ国に20万台以上という比類のないスケールで展開されており、お客様に優れたパフォーマンスとセキュリティを提供しています。ウェブ/モバイルパフォーマンス、クラウドセキュリティ、エンタープライズアクセス、ビデオ・デリバリー・ソリューションによって構成されるアカマイのソリューションは、優れたカスタマーサービスと365日/24時間体制の監視によって支えられています。グローバルトップの金融機関、eコマース事業者、メディア・エンターテインメント企業、政府機関等が、アカマイを信頼する理由について、<www.akamai.com/jp/ja/> または<blogs.akamai.com/jp/>およびTwitterの@Akamai_jpでご紹介しています。

アカマイ・テクノロジーズ合同会社について:
アカマイ・テクノロジーズ合同会社は、1998年に設立された、アカマイ・テクノロジーズ・インク(本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、最高経営責任者:Tom Leighton)が100%出資する日本法人です。アカマイは、静的なコンテンツ配信だけでなく各種コンサート・スポーツ試合等の国内限定ストリーミング配信やWebアプリケーションなどの動的配信を多数実現し、日本国内では350社以上が当社サービスを利用しています。

※アカマイとアカマイ・ロゴは、アカマイ・テクノロジーズ・インクの商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]