「スマートファクトリー Japan 2018」出展のお知らせ

株式会社ウフル 2018年05月29日

From PR TIMES



株式会社ウフル(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:園田 崇 以下、ウフル)は、2018年5月30日(水)から6月1日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「スマートファクトリー Japan 2018」に出展いたします。また、6月1日(金)東2ホールメインステージAにて開催されるセミナーでは、ウフルの専務執行役員/IoTイノベーションセンター所長の八子がモデレータを務めます。
[画像1: (リンク ») ]

スマートファクトリー Japan 2018は、製造工場においてスマートファクトリーを実現するうえで、欠かすことのできない「IoT」や「インダストリー4.0」を搭載した情報管理システムをはじめ、製造設備・装置、その他、生産工場に関する技術・製品が一堂に集結する展示会です。

■展示内容 <東2ホール(S-17)>
・ウフルデジタルトランスフォーメーションプログラム
・業界別IoTプラットフォーム構想サービス

<ウフルデジタルトランスフォーメーションプログラム>
ウフルの実績から蓄積したノウハウをメニュー化して提供するIoTによるビジネス変革加速プログラムです。アラカルトで必要なメニューを提供することはもとより、一定期間のメニューを作成してパッケージ提供することで、ビジネス変革のスピードと効率を高めることも可能です。

<業界別IoTプラットフォーム構想サービス>
グローバルな「業界別プラットフォーム化」への取組みが進んでいる中、継続的な利益を得ることを目指し、システムプラットフォームとビジネスプラットフォームの融合したエコシステムのスキームを形成します。

自社の強みとなる様々な設備や機械の現場データを蓄積し、それを外部パートナーに開放して、新たなサービスやアプリケーションを作ってもらうことで、強みを実装したプラットフォームを中心に、エコシステムを形成するのが基本的な構造です。

■セミナー概要
[画像2: (リンク ») ]

※お申込みはこちら (リンク ») (聴講無料・事前登録者優先)

■展示会概要
[画像3: (リンク ») ]

■株式会社ウフルについて( (リンク ») )
株式会社ウフルは「テクノロジーと自由な発想で未来を創る」を企業理念に掲げ、インターネットによる革新的な製品とサービスによって顧客と社会の価値向上に貢献することを目指しています。IoT事業を核とし、エッジとクラウドをつなぐIoTオーケストレーションサービス「enebular」を用いて、IoT領域で顧客のビジネスに変革をもたらし続けています。来る5Gの普及に向け、NB-IoTなどの次世代通信技術にも取り組んでおります。コンサルタント、エンジニアやクリエイターといった多彩な人材からなるチームにより、IoT事業を実現するために必要なプロフェッショナルサービスを、事業戦略・技術支援・コミュニケーション戦略などワンストップで提供し、お客様のビジネス創造に努めてまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ウフルの関連情報

株式会社ウフル

株式会社ウフルの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]