医療向け iOS版音声入力キーボードアプリ「AmiVoice SBx Medical」6月1日リリース

株式会社アドバンスト・メディア 2018年05月31日

From PR TIMES

医療の専門用語を網羅。組み込みなしでどんなアプリへでも楽々音声入力

株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)は、医療向けのiOS版音声入力キーボードアプリ「AmiVoice SBx Medical(アミボイス エスビーエックス メディカル)」を6月1日よりリリースいたします。医療の専門用語を網羅し、組み込みなしでどんなアプリへでも音声入力が可能です。



「AmiVoice SBx Medical」は、スマートフォンの文字入力を声で行う医療向けの音声入力キーボードアプリです。組み込みなしで、アプリケーションを問わず、マイクに向かって話すだけで簡単に医療文章を作成できます。
用途に合わせて、電子カルテ・放射線・病理・介護・調剤薬局・医療メールの6つの音声認識辞書をご用意しています。よく使用される医療単位や検査値の入力キーや、ユーザーごとにカスタマイズ可能な単語登録機能(最大登録数20件)など、医療文章の作成をサポートする様々な機能を備えています。
初期費用無料、月額1200円からです。
[画像1: (リンク ») ]



【AmiVoice SBx Medical、特長】
1.ワンタッチで音声入力キーボードに切り替え
キーボード左下にある、「言語」キーをホールドし、「SBx Medical」を選択することで、音声入力キーボードに簡単に切り替えることができます。キーボード入力が行えるアプリであれば、組み込みなしでご使用いただけます。
[画像2: (リンク ») ]


2.用途に合わせて複数の専門辞書の切り替えが可能
ご契約に応じて、6つ(電子カルテ・放射線・病理・介護・調剤薬歴・医療メール)の専門辞書に切り替えることが可能です。医療専門用語を標準搭載しており、95%(当社調べ)を超える高い認識率を誇ります。


3.医療で頻繁に使用する単位をキー割り当て
「mg」「cal」など、計33の代表的な医療単位や検査値があらかじめ登録されており、フリックで簡単に入力ができます。
[画像3: (リンク ») ]


4.単語登録で固有名詞や同音異義語も一発変換
単語登録機能(最大登録数20件)を使うことで、固有名詞や同音異義語、よく使用する単語などを指定して認識させることができます。
[画像4: (リンク ») ]



アプリ名:AmiVoice SBx Medical(アミボイス エスビーエックス メディカル)
対応OS:iOS10以降 
※iPod touch 6th、iPhone 6s以降
※iPadについては、上記iPhoneのスペックと同等であること
※iPad Airは対象外です
公式サイト: (リンク »)  

昨今、AIスピーカーやアプリなど、音声をインターフェイスとしたデバイスやサービスが増加しています。キーボード・フリック入力と比較し、音声入力は誰にでも容易に行え、入力速度も速いというメリットがあります。このような背景の中、アドバンスト・メディアでは、昨年11月より、様々な業界・用途・利用方法に対応した、ビジネス向け音声入力プラットフォームサービス「AmiVoice Speech Frontシリーズ」を開始いたしました。

今回リリースする、医療向け iOS版音声入力キーボードアプリ「AmiVoice SBx Medical」は「AmiVoice Speech Frontシリーズ」の新製品です。

以上

【お問合せ】
株式会社アドバンスト・メディア 医療事業部
MAIL : info@advanced-media.co.jp
TEL:03-5958-1045
FAX:03-5958-1033

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]