編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

スパイスボックス、企業やブランドがコミュニティ形成のためにアプローチすべき “トライブ” や “人” を主要SNSから発掘できる「ソーシャルトライブ調査」をリリース。

株式会社スパイスボックス

From: PR TIMES

2018-05-31 12:01

~コミュニティ活用のためのコミュニケーション戦略設計、クリエイティブ制作、実施、およびコミュニティの継続的な育成までワンストップで支援~

株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)では、現在ソーシャルメディアを中心に企業やブランドの認知、好意形成を行う「エンゲージメント・コミュニケーション」支援を注力領域として強化しています。このたびその一環として、企業やブランドがコミュニティ形成をする際にアプローチすべき「トライブ」や「TOL(トライブ・オピニオン・リーダー)」、企業、ブランドの「ファン」などをInstagram、Twitter上から発掘できる「ソーシャルトライブ調査」の提供を開始いたします。



スパイスボックスでは、「ソーシャルトライブ調査」を起点に、企業やブランドによるコミュニティ活用のための各種コミュニケーション戦略設計、クリエイティブ制作、実施、およびコミュニティの継続的な育成までをワンストップで支援いたします。

※トライブ…特定の属性を持つ人の集まり
※TOL(トライブ・オピニオン・リーダー)…トライブのなかで強い影響力を持つ人物


【URL】 (リンク »)


■「ソーシャルトライブ調査」、コミュニティ・マーケティング支援ソリューション「Brand Community」について

ソーシャルメディアが生活者の新たな情報基盤になるなか、生活者はSNSなどの大量の情報のなかから、“自身に身近な人”や“興味が近い人”を通して有効な情報を得るようになってきました。こうしたなか、商品に対して高い熱量を持つファンによるコミュニティを育成し、コミュニティやコミュニティに属する人々を通して潜在層に向けたプロモーションなどを行うコミュニティ・マーケティングが改めて注目されています。「ソーシャルトライブ調査」では、コミュニティ・マーケティングを行う上で最も重要な企業やブランドがアプローチすべき「人の集まり」や「人」を見極めることが可能です。独自のソーシャルリスニングツールを使用することで、Instagram、Twitter上の膨大な情報のなかから、企業やブランドと親和性の高い「トライブ」や該当のトライブのなかで影響力を持つ「TOL(トライブ・オピニオン・リーダー)」「企業、ブランドのファン」などをアカウント単位で精度高く発掘することができます。

また、スパイスボックスでは、今後この「ソーシャルトライブ調査」を起点に、企業やブランドによるコミュニティ活用のための各種コミュニケーション戦略設計、クリエイティブ制作、実施、およびコミュニティの継続的な育成までをワンストップで支援するソリューションを「Brand Community」として提供してまいります。


■「トライブ」、「TOL」発掘からコミュニティ・マーケティング施策支援提供の流れ

「トライブ」「TOL」「ファン」の発掘

#タグなどをもとに、企業やブランドと関連性の高いSNS投稿データを抽出し、それらの投稿の中で話題になっている事象や文脈を分析することで企業やブランドと親和性の高いトライブやフォロワー数は少なくても該当するトライブでは強い影響力を持つ「TOL(トライブ・オピニオン・リーダー)」、企業、ブランドを熱量高く応援する「ファン」などをアカウント単位で特定します。各アカウントの投稿内容やプロフィール情報まで確認して抽出するので、“ブランド愛”の深さや“クリエイティブ力”も事前に把握することが可能です。

[画像1: (リンク ») ]

※「ソーシャルトライブ調査」のフロー(イメージ)


・コミュニティ・マーケティング施策のプランニング

「ソーシャルトライブ調査」によって抽出した「トライブ」や「TOL」「ファン」のインサイトをもとに、オウンドメディアでのコンテンツ活用、サンプリング、イベント参加、商品開発、ファンミーティングなど、目的に応じて最適なブランドコミュニティの形成支援やコミュニティを活用したプロモーション施策をプランニング、実行していきます。

[画像2: (リンク ») ]



【本サービスに関するお問い合わせ先】

株式会社スパイスボックス
担当 : 営業 阿曽(あそ)駿介、加藤俊介
Tel : 03-3583-5364
Mail : info@spicebox.co.jp


■株式会社スパイスボックスについて
企業やブランドへの好意、共感醸成を支援する、デジタル・コミュニケーション・カンパニー
2003年、日本初のデジタルエージェンシーとして創業。さまざまな企業のブランディング支援を幅広く手掛ける。ソーシャルメディア上で好意や共感を持って生活者に“語られる”広告コミュニケーション、「エンゲージメント・コミュニケーション」施策の設計、提供が強み。

【会社概要】
社名 : 株式会社スパイスボックス
設立 : 2003年12月15日
資本金 : 2億7143万円
出資者 : 株式会社博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか
所在地 : 東京都港区赤坂2-14-27  国際新赤坂ビル 東館15F
代表者 : 田村 栄治
事業内容 : デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業
URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]