戦闘機×変形×360°爽快VRシューティング「ACE PHANTOM」中国語版ローカライズ「幻影空战-ACE PHANTOM-」MiVRで配信開始!

株式会社ヴァンガード 2018年06月08日

From PR TIMES

VRシューティングゲーム 「ACE PHANTOM」中国語版ローカライズ配信開始



[画像1: (リンク ») ]

株式会社ヴァンガード(本社:神奈川県横浜市港北区、代表取締役社長:杉山智則)はVRシューティングゲーム「幻影空战-ACE PHANTOM-」をMiVRで配信開始しました。「MiVR」はOculus Goと同じハードウェアの製品で中国向けの一体型VRヘッドセットです。「幻影空战-ACE PHANTOM-」はOculus Goの「ACE PHANTOM」を中国語ローカライズしたものになります。

「ACE PHANTOM」とは
「ACE PHANTOM」の主人公はあなたです。可変型戦闘機「PHANTOM」を操縦し360°から迫りくる敵を撃破し任務を遂行していくVRシューティングゲームです。「PHANTOM」に内蔵された戦闘補助AIと共に様々な任務を解決していきます。

[画像2: (リンク ») ]

360°爽快 映画やアニメのワンシーンのような空中戦
「ACE PHANTOM」では戦闘機を操作し、迫る弾を避けたり、戦闘機のホーミングミサイルで
敵機を一掃するなど映画やアニメでありそうな爽快感ある体験を楽しむことが出来ます。
[画像3: (リンク ») ]



[画像4: (リンク ») ]

戦闘機から人型形態に変形!!
本作でプレイヤーが操作する機体は、ロボットアニメに登場するロボットのように戦闘機形態から人型形態に変形することができます。戦闘機形態では敵をロックオンしてミサイルを撃つことができ、人型形態では巨大なレーザーで敵を一掃することが出来ます。また、戦闘機形態では視点が3人称視点になり、人型形態では1人称視点での操作に変化し、状況に応じて二つの視点を切り替えることで臨機応変に対応する事が可能です。


[画像5: (リンク ») ]

製品概要
タイトル:幻影空战-ACE PHANTOM-
ジャンル:VRシューティング
配信開始日:2018年6月6日
価格:29.99元
対応機種:MiVR

会社概要
会社:株式会社ヴァンガード
代 表:代表取締役 杉山 智則
事業内容:ゲーム企画開発、運営
所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜3-13-5 宗久ビル9F
ホームページ: (リンク »)
お問合わせフォーム: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]