編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

ジェナのAIチャットボット「hitTO」がGoogleのビジネスチャット「Hangouts Chat」に連携対応

株式会社ジェナ

From: PR TIMES

2018-06-21 12:01


法人向けにMobileやAI・IoTに代表される新しいテクノロジーを活用したサービスを展開する株式会社ジェナ(以下 ジェナ)は、AIと連携したチャットボットサービス「hitTO(ヒット)」が、Googleが提供するG Suiteユーザー向けのビジネスチャット「Hangouts Chat」に連携対応したことを発表致します。今回の連携により、「Hangouts Chat」のサービス上でチャットボットにメッセージを送ることで、チャットボットが最適な回答を自動的に返すことを実現します。社内ヘルプデスクの効率化や営業ノウハウ共有など、ビジネスの様々なシーンで活用が可能です。



■hitTOとHangouts Chatの連携イメージ
(今後のバージョンアップにより、画面レイアウトが変更になる場合がございます)

[画像1: (リンク ») ]



■「hitTO(ヒット)」について  (リンク »)

hitTOはユーザーが自然言語で質問ができる、AIと連携した法人向けのチャットボットサービスです。管理画面やユーザー画面の使いやすさやデザイン性、コミュニケーションツールとの連携などが評価され、AIのビジネス活用を目的として多くの法人様で採用されています。情報システム部が担当するITヘルプデスクや、総務人事部が担当する社内の問い合わせ対応、お客様向けのWebサイトでの自動応答など、法人における幅広い業務の効率化を実現しています。

[画像2: (リンク ») ]


■「Hangouts Chat」について

Hangouts Chatは、チーム向けに設計されたメッセージングプラットフォームです。ダイレクトメッセージやチーム向けのチャットルーム、ミーティングのスケジュール設定やタスクの作成などを行うことができ、G Suiteアプリに組み込まれた便利な機能を活用できます。


■ 株式会社ジェナについて

設立:2006年3月
代表者:手塚 康夫
資本金:1億9,830万円
事業内容:Mobile・AI・IoTを活用したアプリケーション開発、アプリケーション開発におけるUI/UXデザイン・コンサルティング、スマートデバイス活用プラットフォーム「seap」の提供、Beacon管理IoTプラットフォーム「Beacapp」の提供、AIチャットボットサービス「hitTO」の開発・提供

※この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、弊社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ジェナの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]