編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」Amazon Echo Spotでも利用が可能に

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2018-06-21 16:06

ラトックシステム株式会社は、スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」がアマゾンジャパン社より発売予定のスクリーンつきスマートスピーカー「Amazon Echo Spot」(以降、Echo Spot)でも利用が可能になることを発表いたします。



■ニュースリリース
(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]


スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」をEcho Spotと連携すると、話しかけた家電操作の実行後、操作内容をスクリーンと声でおしらせします。テレビのチャンネルやエアコンの温度など、発話の解釈が正しくおこなわたことを、目と耳で確認することができます。さらに、チャンネルや音量のアップダウンボタンを表示したり、温度・湿度・照度センサーの値を表示するといった、Echo Spotならではの機能も提供します。

Echo Spot向けのスキルは、これまでのAlexaスキルのバージョンアップ版となります。Alexaアプリでリンク済みの場合は、アップデートや設定変更なしにEcho Spot対応家電リモコンとしてお使いいただけます。


【テレビ】チャンネルおよび音量のアップ/ダウンとボタンを表示

「アレクサ、家電リモコンを使ってチャンネルを1にして」「アレクサ、家電リモコンを使って音量をあげて」のように話しかけると、Echo Spotのスクリーンに「チャンネル1」「ボリュームアップしました」とアップダウンボタンを表示します。ボタンは直接タップして操作することが可能です。
[画像2: (リンク ») ]


【エアコン】設定したモードと温度(冷房 28℃等)を表示

「アレクサ、エアコンをつけて」「アレクサ、家電リモコンを使って冷房を28℃にして」のように話しかけると、Echo Spotのスクリーンに「冷房:28℃」と表示します。エアコンの設定モード・温度をスクリーンで確認できます。
[画像3: (リンク ») ]

【センサー】温度・湿度・照度の測定値を表示

「温度を教えて」「明るさを教えて」「センサー情報を教えて」と話しかけると、各センサーの値(温度・湿度・照度)を一覧で表示すると同時に声でも案内します。エアコンや照明操作の目安にできます。
[画像4: (リンク ») ]

【新機能】センサーで計測した温度・湿度を元に、お部屋の快適レベルを表示

「環境を教えて」「今の状態を教えて」と話しかけると、センサーの値を取得し、快適レベルを5つのゾーンで表示します。温度・湿度の条件から熱中症、脱水症状、リューマチや呼吸器系疾患の症状悪化の可能性がある場合は、表示エリアを光らせておしらせします。極端に危険度が高いときは、Alexaが「熱中症の危険があります」「脱水症状の危険があります」等、音声で注意を喚起します。
[画像5: (リンク ») ]


今後もスマート家電コントローラの使い方を広げる提案をおこない、暮らしの中のIoTをより楽しく役に立つものへと進化させてまいります。

※本ページのEcho Spot画面はイメージです。実際と異なる場合があります。

法人様からのお問い合わせ
本製品は、ハードウェア設計からファームウェア、アプリまで、すべて自社で開発をおこなっています。受託開発やシステムへの組み込み、集合住宅や施設への一括導入、各種スマートスピーカーと組み合わせたシステム構築などをご検討でしたら、ソリューション窓口までお気軽にご相談ください。
ラトックシステム 東京支店コーポレート・ソリューショングループ
Mail: (リンク »)
TEL:03-5847-7600

報道関係の方からのお問い合わせ
製品レビューや撮影などにお使いいただくための貸出機をご用意しています。デモ環境をご用意した取材なども可能ですので、ご希望の方は広報窓口までお問い合わせください。
ラトックシステム 広報(担当:大塚)
Mail: (リンク »)
TEL:06-6633-6744

一般の方からのお問い合わせ
ラトックシステムサポートセンター
Mail: (リンク »)
TEL: 【大阪】06-6633-0190 【東京】03-5847-7604


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]