編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Criteo、月間12億に及ぶオンラインユーザの中から新規見込み客にリーチできるソリューション「Criteo Customer Acquisition」ベータ版の提供を開始

Criteo株式会社

From: PR TIMES

2018-06-29 10:01

コマース・マーケティングのテクノロジー企業であるCRITEO株式会社(クリテオ、本社:フランス、日本取締役社長:グレース・フロム、以下Criteo)は本日、オンライン上のユーザの行動履歴データを機械学習で分析し、最も関心を示す可能性が高いと予測された見込み客を、効率的に新規獲得できるソリューションCriteo Customer Acquisition(クリテオ・カスタマー・アクイジション、以下Customer Acquisition)のベータ版を7月1日から提供開始することを発表しました。

「2017年 日本の広告費※1」によれば、全広告費に占めるインターネット広告費の構成比は23.6%の1兆5,094億円にのぼり、うちディスプレイ広告は約4割占めています。ディスプレイ広告を含む運用型広告や動画広告が日本国内での広告市場の成長を牽引するトレンドが続いています。スマートフォンやタブレット、ノートPCなど複数のモバイルデバイスを利用することが一般的となった今日では、膨大なユーザの行動データをデバイスをまたいでリアルタイムに分析し、パーソナライズされたディスプレイ広告を届けることが、より高い価値をもたらす新規ユーザの獲得につながることが明らかになってきています。
Criteoが今回日本で提供を開始するCustomer Acquisitionは、Criteoの月間12億に及ぶオンラインユーザのデータベースの中から、膨大な購買履歴や行動データを機械学習で分析し、最も広告主の製品に興味を持ちそうなユーザを精密にターゲティングし、さらに個々のターゲットが最も高い関心を示す製品を予測して表示することで、新規見込み客を効率的に自社ECサイトに訪問させることができます。

この新ソリューションを、株式会社ニッセンが日本国内で初めて導入し、6月よりキャンペーンを開始しました。
Customer Acquisitionは、以下3つの特徴を持っています。

Criteoの保有する膨大なユーザデータベースを活用し、広範なユーザにリーチできる
ユーザの行動履歴や購買履歴を機械学習で分析し、興味・関心に基づいて、広告主の商品に最も関心を持ちそうな新規見込み客を特定することで、効率的なターゲティングが可能。
個々のユーザの興味関心に基づいてパーソナライズされた商品を表示することによりサイト訪問率を最大化することができる


「新規顧客の獲得は、あらゆる広告主が優先課題として認識している重要なトピックのひとつであり、CriteoがCustomer Acquisitionを通じてそれを支援できることを嬉しく思います。今日のデジタルマーケティングにおいて重要なのは、ある商品単体の購入による広告費の回収だけで満足するのではなく、生涯価値の高い顧客との絆をいかに作り上げていくかだと思います。そのためには、顧客が商品やサービスをどのように認知し、関心を持ち、購入に至るかというプロセスを可視化し、改善することにとどまらず、1回だけの購入プロセスではなく、何度も購入してもらえるためのプロセスまで考え、全てのステージで継続的にコミュニケーションを図る必要があります。その全てのステージにおいて、Customer Acquisionをはじめ、現在展開している複数のソリューションで、広告主のマーケティング活動をワンストップで支えられるということが、Criteoがご提供できる最大の価値であると自負しております」とCriteo 北アジア地域最高責任者 兼 日本取締役社長のグレース・フロムは述べています。
※1 電通2017年2月23日

■Criteo(クリテオ)について■
コマースマーケティングのリーダーであるCriteo(NASDAQ:CRTO)は、小売業やブランドの利益と売上高の拡大を支援するため、高いパフォーマンスを生み出すオープンなコマース・マーケティング・エコシステムを構築しています。2,700名以上のCriteoチームメンバーは、世界中18,000社の広告主と、数千のパブリッシャーと連携して、ユーザーが本当に求めているものに出会える仕組みを提供しています。Criteoコマース・マーケティング・エコシステム上で分析されるオンライン取引高は6,000億ドル超にのぼります。
※詳細は (リンク ») をご覧ください。
※CRITEO株式会社はその日本法人です。詳細は (リンク ») をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Criteo株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]