編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

異常相場に対応 緊急速報をLINEで現代の高速取引に対応、今後頻繁化する相場の異変も24時間LINEでリアルタイムで。【Billiontouch儲ける方法LINE版】2018年7月4日正式サービス開始

株式会社東京総合研究所

From: PR TIMES

2018-07-02 12:01

投資アドバイスを行う東京総合研究所(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大山充)は、投資情報をLINE配信するサービスを開始。無料でありながら、24時間体制で相場を観測、異常事態にはLINEで緊急速報。

投資家のリスクヘッジへの助言を無料でLINEでアラート。
【Billiontouch儲ける方法LINE版】は株式市場も24時間取引化されていく過程で、深夜までの24時間配信を実現し、それにより、投資家のリスクヘッジへの助言をリアルタイムで行います。
従来、株式投資は、日中だけのものでしたが、現代では日経平均先物などを使って、夜間でも取引できるようになってきました。しかし、現在ではニュースとしての情報はFX会社などを通して配信されるものの、日経平均先物などの株式関係の情報はニュースソースが少ない上、投資助言となると皆無です。
このサービスは、ニュースでなく、実際の見方、解析結果をアドバイスとして配信するもので、弊社のファンドマネージャーのアドバイスをリアルタイムで配信します。
当面無料配信サービスとし、特に夜間取引で有利となる投資情報を提供することに努めるものです。




■開発背景
 現代は通信速度の向上とともに、すべての情報伝達が自動化され、速くなっているが、大量な情報と情報自体にバイアスがかかっており、投資家にはフェアな情報をとして届かない。一方、それらを伝えるべき投資顧問サービスも種々あるがすべて日中の株式のみに対応し、引け後に情報が配信されるにとどまっている。
 しかし、投資家が現在の有利になった環境(24時間ヘッジができる)を享受するためには、夜間でもニュースでなく配信してくれるサービスが必用 必要なはずである。
 この「儲ける方法LINE版」は24時間、相場の異変を監視し、また、メールで埋もれることのないLINEでリアルタイムで配信されるので、投資家にとって非常に有効なツールとなる。
[画像1: (リンク ») ]


■使い方や利用シーン
 ターゲット:株式投資などの注文をスマホからして(or を通して行い)、日常SNSでLINEを主に使っている投資家。
 使い方:沢山のメールでなく、友達からくるLINEのように配信されるので、すぐにチェックができ、また同時にLINE上で質問もリアルタイムで行える。NY市場が夜間乱れたり、高速取引で市場が大きな変動を迎えたとき、保険として、自分の資産をどうしていくのか、具体的にアドバイスを受けることができる。

■今後の展開
 当面は無料会員1万人の登録をめざし、投資でのリスクヘッジ、先物デリバティブの応用など、実践的に教えながら、様々な投資方法を学んでもらう。

[画像2: (リンク ») ]


■【製品概要】
名称: 「BillionTouch 儲ける方法LINE版」
発売日: 2018年7月4日(プレスタートは開始済み)
価格: 無料
詳細: (リンク »)
開始方法: (リンク »)  にてLINE登録を行う。
特徴: ◆ 無料で24時間アドバイス
◆ 実際に儲けて相場を楽しむ
◆ 日経平均先物を覚えてヘッジ方法を覚えられる

製品に関するお問い合わせ先: (株)東京総合研究所 ビリオンタッチ窓口 TEL03-6721-7164

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]