編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

QLOCKTWO腕時計モデルがレッドドットデザイン賞2018受賞

SwissPrimeBrands株式会社

From: PR TIMES

2018-07-02 14:01

文章で時刻を表示するドイツ生まれのモダンアートブランド

腕時計モデルQLOCKTWO W39 ファインスチールがレッドドットデザイン賞2018を受賞



[画像1: (リンク ») ]

腕時計QLOCKTWO W39 ファインスチールがレッドドットデザイン賞2018を受賞しました。QLOCKTWOは様々な国際的な賞を受賞してきましたが、QLOCKTWO Wとしては2014年の誕生以来、これが4つ目の国際的な賞となります。

■QLOCKTWO W

[画像2: (リンク ») ]

QLOCKTWO W クロックツーウォッチは時間を文字で表示します。普段見えるのは文字がランダムに並んだマトリックスです。ボタンを触ったときだけ時間が表示されます。様々なデザインや20以上の言語がお選びいただけます。

110の文字は、一枚板から丁寧にカットされ、文字の輪郭は美しく角が立っています。


[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]


■QLOCKTWO W39 ファインスチール技術仕様

[画像7: (リンク ») ]

ケース:ステンレススチール

サイズ: 39 x 39 x 9 mm

ストラップ:レザー、ラバー、またはミラネーゼブレスレット

防水:5気圧防水

電池寿命:平均1年 (使用頻度により異なる)、電池交換可

製造国:ドイツ製

価格:120,000円(税抜き)より


■QLOCKTWOお取扱店
【関東】
GINZA SIX 銀座蔦屋書店(東京都中央区)
タカシマヤ ウオッチメゾン(東京都中央区)
MoMA DESIGN STORE(東京都渋谷区)
代官山蔦屋書店(東京都渋谷区)
ISHIDA 表参道(東京都渋谷区)
CIBONE 青山店(東京都港区)
BEST新宿本店(東京都新宿区)
中目黒蔦屋書店(東京都目黒区)
二子玉川蔦屋家電(東京都世田谷区)
THE WATCH SHOP. ダイバーシティ東京プラザ(東京都江東区)
THE WATCH SHOP. ららぽーと湘南平塚(神奈川県平塚市)
【中京】
東急ハンズ 名古屋店 男の書斎 (愛知県名古屋市)
【関西】
梅田蔦屋書店(大阪府大阪市北区)
タカシマヤ ウオッチメゾン 大阪(大阪府大阪市中央区)
oomiya(和歌山県和歌山市)
【北陸】
Wing富山店(富山県富山市)
【中国・四国】
福屋 八丁堀 (広島県広島市)
広島蔦屋書店(広島県広島市)
Omotecho Style Store by TOMIYA (岡山県岡山市)
EYE EYE ISUZU(香川県高松市)


クロックツー日本総代理店 スイスプライムブランズ株式会社
〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル5階
TEL 03-4360-8669

クロックツーFacebookページ日本版
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]