編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MAKOTO・仙台市、東北一円でスタートアップを支援

一般社団法人 MAKOTO 

From: PR TIMES

2018-07-02 15:01

急成長型ベンチャー、アクセラレーションプログラムで参加者公募開始

一般社団法人 MAKOTO(本社:宮城県仙台市、代表理事:竹井 智宏)は、仙台市と共に、東北のロールモデルとなるスタートアップ企業の創出およびエコシステムの構築を目的とした「TOHOKU GROWTH Accelerator」を実施します。

東北から世界に通じるイノベーション創出を目指し、事業を急成長させていくスタートアップまたは新規事業に挑戦する中小企業のうち、「大学研究シーズ」「ICT」「既存産業でのイノベーション」「東北の強みを活かした事業」の4テーマに挑戦するスタートアップまたは中小企業を募集します。MAKOTOのメンバーや専門アドバイザーによるレクチャーとメンタリングを実施し、2019年2月のDEMO DAYでの発表にて、資金調達・事業連携の獲得を目指します。 プログラムURL: (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]


■「TOHOKU GROWTH Accelerator」キックオフイベント(事前セミナーおよび交流会)

日時:2018年7月17日(火)18時30分~21時30分
場所:enspace 青葉区国分町1-4-9芭蕉の辻AGOビル
内容:プログラム説明、交流会
主催:仙台市・MAKOTO
申込:URL: (リンク »)

[画像2: (リンク ») ]



■「TOHOKU GROWTH Accelerator」参加対象者
・ スタートアップ、新規事業に挑戦する中小企業のうち、
1.大学研究やICTを活用して起業または起業を予定する方
2.東北から世界に通じるイノベーション創出を目指す方   
3.DEMO DAYまでにサービス又は製品をプレゼンデーション出来る方
4.応募頂いた事業にコミットできる方
・その他、経営経験が過去にある方は、シーズマッチングコースにてMAKOTOが事業シーズのマッチングを行います。また、学生や若手社会人等にはレクチャーのみ参加可能な、次世代育成コースを設けます。

■実施スケジュール
2018年7月2日~8月24日 
 ビジネスプランの募集
2018年7月~  
 事前セミナーおよび交流会の実施(東北6県・東京で開催)
2018年9月~  
 書類審査、ビジネスプランコンテストにより対象者を決定(5者程度)
2018年10月~2019年2月
 アクセラレーションプログラム実施期間
2019年2月下旬 
 仙台起業家週間(起業・創業イベント集中開催期間)内での成果発表会の開催
2019年3月  
 フォローアップの実施

説明会申込・プログラムへのエントリー:URL: (リンク »)


■「MAKOTO」について
MAKOTO は仙台市を拠点に 2011 年に設立され、「志」の求心力をベースにした事業創造を行っています。MAKOTOグループは、(1) コワーキングスペースや起業家イベントを通した起業環境の整備、(2) 地方自治体等と連携した地域の起業家の教育・育成、(3) 大学発ベンチャーの育成・支援、(4) 起業家への投資、(5)失敗経験のある起業家の再チャレンジ支援、等を通して、東北の起業家をサポートしています。


■お問い合わせ先
一般社団法人 MAKOTO
担当 :堀江
連絡先:info@mkto.org 022-352-8850

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]