編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SOMPOリスケアマネジメントとウェルネス・コミュニケーションズとの業務連携に関するお知らせ

ウェルネス・コミュニケーションズ株式会社

From: PR TIMES

2018-07-02 15:01

ヘルスサポートシステム(HSS)の販売提携を開始

ウェルネス・コミュニケーションズ株式会社(東京都港区、代表取締役社長:松田泰秀)は、産業保健分野において多様化する企業・保険者などのお客様ニーズに対応するサービスを強化すべく、SOMPOリスケアマネジメント株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:布施康、以下「SOMPOリスケア」)と業務提携をいたしました。業務提携の第一弾として、SOMPOリスケアと、弊社の「ヘルスサポートシステム(HSS)」の販売店契約を締結し、企業のお客様を対象に7月から販売を開始します。



■背景
昨今、労働力人口の減少などを背景に、働き方改革や健康経営(R)(※)を推進する企業が増えております。
弊社は2006年の設立以降、健診代行サービスである「ネットワーク健診サービス」、健康管理システムである「ヘルスサポートシステム(HSS)」を中心に、企業・健康保険組合様向けにサービス・システムを提供しており、ヘルスサポートシステム(HSS)については、2018年4月に全面リニューアルを行い、更にお客様にご利用いただきやすい仕様に刷新いたしました。

SOMPOリスケアは、ヘルスケア事業などを展開し、特定保健指導・健康相談・メンタルヘルス対策、健康経営推進支援などのソリューション・サービスを提供しております。

こうしたなか、両者の強みやソリューション・サービスを相互補完し、多様化するお客様ニーズに迅速に対応する体制を構築することを目的に、業務提携をいたしました。最初の取組みとして、SOMPOリスケアのお客様に対し、弊社のHSSの販売を開始いたします。
(※)「健康経営(R)」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。

■ヘルスサポートシステム(HSS)の概要
ヘルスサポートシステム(HSS)はインターネットを活用し、効率的に健診結果データ、メンタルヘルスデータや勤怠データ等の管理・分析・活用を支援するシステムです。
詳細は弊社Webサイト内のページ (リンク ») をご参照ください。


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

■受注目標
2020年度までに100団体以上のお客様への導入を目指します。

■今後の展開
弊社は、SOMPOリスケアとともに、両者の強みを融合し、健康経営(R)のさらなる深化を目指した、新しいヘルスケアトータルサービスを構築いたします。HSSを基盤とした健康診断、長時間労働対策、ストレスチェック等のデータ一元管理や事後措置、企業と健康保険組合のコラボヘルス、特定保健指導等の保健事業までを包括した新サービスの開発を推進してまいります。
また、HSSのリニューアル及び今後の目指す姿については、下記リリースをご参照ください。

繋がる・広がる クラウド版『Health Support System』をリリース
~データマネジメント型の健康管理から、データソリューション型の健康支援へ~
  (リンク »)

■SOMPOリスケアマネジメント株式会社について
SOMPOリスケアマネジメント株式会社は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社を中核とする、SOMPOホールディングスのグループ会社です。「リスクマネジメント事業」「ヘルスケア事業」「サイバーセキュリティ事業」を展開し、全社的リスクマネジメント(ERM)、事業継続(BCM・BCP)、健康経営推進支援、特定保健指導・健康相談、メンタルヘルス対策、サイバー攻撃対策などのソリューション・サービスを提供しています。

【お問い合わせ先】
ウェルネス・コミュニケーションズ株式会社
ヘルスケアIT事業部
(リンク »)
☎:03-6858-3262

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]