編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

<コラボ第三弾>子ども向け知育アプリ「ワオっち!」の『おかいものレジスター』が、キャラクター知育雑誌「きゃらぷち 2018 なつ」の特集ページに掲載!2018年6月29日(金)に発売!

株式会社ワオ・コーポレーション

From: PR TIMES

2018-07-02 15:01

株式会社ワオ・コーポレーションが開発・配信する、子ども向け知育アプリ「ワオっち!」シリーズのお買い物ごっこアプリ『ワオっち!おかいものレジスター』は、株式会社KADOKAWA(カドカワ)発行の女児向け雑誌「きゃらぷち」とタッグを組み、小さなお子さまがスマホやタブレット上でお買い物を疑似体験できる特集ページを展開しています。
大好評となった第一弾「お花屋さん」、第二弾「ケーキ屋さん」に続く第三弾は「アクセサリー屋さん」。6月29日(金)発売の「きゃらぷち2018なつ」誌上に5ページにわたる特集が掲載されています。



[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]


『ワオっち!おかいものレジスター』は、身近にあるバーコードをアプリのカメラでスキャンすると、商品の価格(※)が音声で読み上げられ、実際にお買い物しているような気分を味わえるアプリ。
第三弾の「アクセサリー屋さん」では、特集ページの商品バーコードにアプリのカメラをかざすと、「ネックレス600円です」と商品名と価格が読み上げられ、指輪やブレスレットなど全12種類のアクセサリーのお買い物を楽しめます。
(※)アプリが読み上げる商品の価格は、商品の実際の価格とは関係ありません。

★『ワオっち!おかいものレジスター』概要
“お買い物ごっこ”や“お店屋さんごっこ”を疑似体験できる大人気の知育アプリ。
■アプリ名:『ワオっち!おかいものレジスター』
■価格:無料
■対象:2歳以上
〔iOS版〕 (リンク »)
〔Android版〕 (リンク »)

★雑誌『きゃらぷち』について
株式会社KADOKAWAが不定期で発行する、3~5歳の女の子向け知育・遊びがいっぱいの大人気キャラクター知育雑誌。
<最新号>
誌名:きゃらぷち 2018 なつ
発売日:2018年6月29日(金)
価格:870円+税
公式サイト: (リンク »)


「ワオっち!」について
「ワオっち!」は、シリーズ累計680万ダウンロード(2018年7月時点)を突破した知育アプリシリーズ。0歳から12歳を対象に「親子の時間」と「幼児期に必要な力(知力・表現・感性・就学基礎・自律)の育成」をコンセプトに開発しています。今後さらに多くのニーズに応えられるようラインナップの拡充を目指しています。
▼ワオっち!公式サイト
(リンク »)

株式会社ワオ・コーポレーションについて
ワオ・コーポレーションは、「個別指導Axis(アクシス)」や学習塾「能開センター」など学習塾運営をはじめとする教育事業を軸に、エンターテインメント事業、ソリューション事業、ライフサポート事業を全国規模で展開しています。
<公式ホームページ> (リンク »)
◆教育事業:[学習塾]能開センター・個別指導Axis・スタッド学習教室 [オンライン学習のWAO!]ワオティーチャー・ワオスタディー・スーパー講師映像講座・ワオっち! [ロボットプログラミング教室]WAO!LAB(ワオラボ)
◆エンターテインメント事業:[アニメ・CG・映像制作]ワオワールド [タレント・ミュージシャン・声優・俳優などのマネジメント]ワオ・エージェンシー [インターネット放送局]WAO-RYU! TV(ワオ流TV)・WAO!channel(ワオチャンネル)
◆ソリューション事業:[学士力支援][就業力支援]
◆ライフサポート事業:[ペット関連サービス]ドギーズ神戸

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]