編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

freeeが「予算・実績管理」機能をリリース。「プロフェッショナルプラン」で経営管理ツールを提供

freee

From: PR TIMES

2018-07-02 15:01

freee は、「クラウド会計ソフト freee」(以下、会計freee)上で「予算・実績管理」機能を新たにリリースしたことをお知らせいたします。同機能は法人向け新料金プランである「プロフェッショナルプラン」にてご利用いただくことが可能です。会計freeeは今後、これまで提供してきた経理業務の効率化ツールとしての機能に加え、経理業務で蓄積された会計データを自動で集約し、経営の意思決定に資するデータをリアルタイムで作成する「経営管理ツール」としての機能開発を強化してまいります。



[画像1: (リンク ») ]


■ バックオフィス業務の効率化に加え、経営の意思決定をサポートする機能が必要
会計freeeはプロダクトリリース後、約5年でご利用事業所数が100万を突破するなど、経理業務の効率化ソフトウェアとして数多くの皆様にご利用いただいております。

一方、国内企業のうち赤字企業の割合は6割(注1)を超えています。法人の多くは中小企業であることから、経営状況の可視化はもちろん、将来の事業計画を作成し、計画と実績を比較しつつ経営改善に向けて迅速かつ最適な意思決定ができる環境を中小企業にも提供することが重要と考えます。

■ 「あらゆるスモールビジネスに経営企画を」、会計freeeは経営管理ツールに進化
そこで、freeeは7月2日より「プロフェッショナルプラン」をスタートします。同プランは20~100名の法人を対象に、会計freee上で予算・実績管理や収益性管理を行いたい方を対象にした新プランです。

本プランをご利用いただくことで、会計 freeeは、日々の経理業務を効率化するツールに留まらず、経理業務で蓄積された会計データを自動で集約し、「経営の意思決定」に資するデータをリアルタイムで作成する「経営管理ツール」へと進化します。

freeeは、膨大な時間と手間がかかる経営資料の作成業務を自動化し、スモールビジネスにおいても意思決定だけにフォーカスできる世界の実現に今後注力してまいります。

■ 第一弾で「予算・実績管理」機能をリリース
プロフェッショナルプランの第一弾リリースとして、会計freeeは新たに「予算・実績管理」機能を提供開始します。これにより、経営のプランニングとナビゲーションをfreeeがサポートします。

<予算入力機能の特徴>

勘定科目ごとに予算を作成することが可能です

前年対比や構成比を確認しながら作成することが可能です。また月別に作成することも可能です





<実績比較機能の特徴>


会計freeeに反映された実績が財務諸表とグラフでリアルアイムに反映され、それぞれ予算との比較が可能です

グラフは利益、売上高、販管費そして月次など様々な切り口で表示できます


月次の予算達成度合いから自動分析し、年間の着地予測を確認することが可能です




[画像2: (リンク ») ]


■ 「収益性管理」を実現する「エクセルアドイン」機能も2018年9月以降にリリース予定
また、予算・実績管理機能に加えて、「エクセルアドイン」機能を活用し、会計freee上にあるデータをエクセル上の任意セルに自動連携することが可能になる予定です。こちらは2018年9月以降の提供開始を予定しています。

<エクセルアドイン機能を活用した「収益性管理」例>

エクセル上で部門別の予実管理
エクセル上で非財務データを利用した指標管理
エクセル上で自由な帳票レイアウトを作成


プロフェッショナルプランでは、今後プロジェクト会計機能や資金繰りシミュレーション機能などを順次リリースしてまいります。国内の倒産企業の約半数は黒字倒産(注2)であることから、中小企業が資金繰りをマネジメントとし、それを経営に活用することはとても重要になります。

予算・実績管理機能やプロフェッショナルプランに関するお問い合わせは以下をご確認ください。
(リンク »)


注1:国税庁「平成28年度分「会社標本調査」」
注2:東京商工リサーチ「2017年「倒産企業の財務データ分析」調査」


■ freee 株式会社について
「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供している。

<会社概要>
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  96億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F
<提供サービス>
「クラウド会計ソフト freee」 (リンク »)
「人事労務 freee」 (リンク »)
「マイナンバー管理 freee」 (リンク »)
「会社設立 freee」 (リンク »)
「開業 freee」 (リンク »)
「クラウド申告 freee」 (リンク »)
「freee カード」 (リンク »)
「freee Developers Community」 (リンク »)
「経営ハッカー」 (リンク »)
「パラキャリ」 (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]