編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

英国RHA社ワイヤレスイヤホン「MA390 Wireless」発売のお知らせ

ナイコム株式会社

From: PR TIMES

2018-07-02 17:00

1万円を切る価格のスコットランドメーカーのワイヤレスイヤホン

弊社は、2018年7月6日(金)より英国RHA社のワイヤレスイヤホン「MA390 Wireless」の発売を開始いたします。
同社エントリーイヤホン「MA390 Universal」と同様のハウジング、ダイナミックドライバーを内蔵したエントリーモデルワイヤレスイヤホンです。7月14、15日東京・秋葉原にて開催されるポタフェス2018 Summer Tokyoにて国内イベント初展示いたします。



素晴らしいサウンドとパフォーマンスを、24gと軽量でコンパクトなハウジング筐体に組み込んだ同社MAシリーズの最新モデルとなります。

8時間の大容量バッテリーを搭載し、どのようなシーンでも最高の相棒となります。


[画像1: (リンク ») ]



製品開発責任者のKyle Hutchison氏は以下のように述べています。

「MA390 Wirelessは、個性的な方法で自分自身を輝かせ、表現することができる控えめな美学を内包していると考えています。

我々は、高品質マテリアルと高度なチューニングを駆使してMA390 Wirelessを設計しました。

柔軟なフレキシブル素材を採用しながらも、全体の耐久性を向上させられましたし、

機能面についても希望していた全てを盛り込むことができました。」


・aptX/AACコーデック対応

・最大8時間再生

・マイク搭載ユニバーサル3ボタンリモコン

・SiriやGoogleアシスタント等のボイスアシスタント対応

・マルチポイント接続

・IPX4相当の防水機能

・自動電源OFF機能(接続切断後10分)

・3年保証

[画像2: (リンク ») ]



【スペック】

[表: (リンク ») ]



【RHA社について】

RHAは2011年創業の新鋭ブランド。

英スコットランド・グラスゴーに本拠を構えています。


国内では有線タイプでは「MA750」や「T20」が大ヒットし、専門店及び量販店におきましては、ハイエンドイヤホンの定番製品との呼び声が高く、

2017年9月発売のネックバンド型Bluetoothイヤホン「MA650 Wireless」、10月発売の「MA750 Wireless」は共に、

発売後瞬く間に在庫完売になりワイヤレスイヤホンにおきましても、2017年今年の集大成と評価される等、現在もっとも勢いのあるブランドの一つです。


「CL1 Ceramic」は、CES2017においてBest of Innovation Honoureeを受賞。

また同社は同年のSunday Times Virgin誌(英)のFastest-growing private companiesの54位に、

CEOのAndrew Rei氏は、アーンスト・アンド・ヤング社に2017年Disruptor Entrepreneur for Scotlandに選出されました。


何卒よろしくお願いいたします。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------

ナイコム株式会社

〒141-0031 東京都品川区西五反田1-32-4 サンユー西五反田ビル3F

TEL: 03-6417-9744

FAX: 03-6417-9746

Email: info@knicom.co.jp

URL: (リンク »)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]