編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サイダス、これまでのすべてを集約し、社名を製品名とした新製品、才能を開花させるプラットフォーム「cydas」(サイダス)を発表

株式会社サイダス

From: PR TIMES

2018-07-03 11:01

~働き方を推進させる人事データは、探しに行かなくても見えてくる~日本最大級の人事系展示会HR EXPOの最大級規模ブースで「cydas」を紹介

人材データプラットフォームの株式会社サイダスは、これまでのすべてを集約し、社名を製品名とした新製品、才能を開花させるプラットフォーム「cydas」(サイダス)を発表いたします。

【新製品発表の背景】
創業以来、サイダスは人材データプラットフォームを提供し、データをつくり、データを見に行くという使い方でお客様にご提供を続けてまいりました。今までの人材データは人事部主体で利用されてきましたが、人材見える化アプリケーション CYDAS HR Profile Manager (以降、Profile Manager)を利用されている9割のお客様から「現場のマネジメント層でも利用できるようにしたい」「会社全体で利用できるようにしたい」とのご要望が強くなってきました。また、働き方改革を推進させる必要がある反面、世の中にある人事データはどれも見えにいくものであり、見える化と言っても、結果的には探しにいかなければ、見つけられることができないのがこれまでの利用方法でした。
そこで、サイダスでは新製品 才能を開花させるプラットフォーム「cydas」を開発、発表する運びとなりました。



 人材データプラットフォームの株式会社サイダス(本店:沖縄県那覇市/東京本社:東京都港区、代表取締役:松田 晋、以下サイダス)は、これまでのすべてを集約し、社名を製品名とした新製品、才能を開花させるプラットフォーム「cydas」(サイダス)を発表いたします。

【新製品発表の背景】
 創業以来、サイダスは人材データプラットフォームを提供し、データをつくり、データを見に行くという使い方でお客様にご提供を続けてまいりました。今までの人材データは人事部主体で利用されてきましたが、人材見える化アプリケーション CYDAS HR Profile Manager (以降、Profile Manager)を利用されている9割のお客様から「現場のマネジメント層でも利用できるようにしたい」「会社全体で利用できるようにしたい」とのご要望が強くなってきました。また、働き方改革を推進させる必要がある反面、世の中にある人事データはどれも見えにいくものであり、見える化と言っても、結果的には探しにいかなければ、見つけられることができないのがこれまでの利用方法でした。

 そこで、サイダスでは新製品 才能を開花させるプラットフォーム「cydas」を開発、発表する運びとなりました。

【cydas紹介サイトとロゴ】( products.cydas.com )
[画像1: (リンク ») ]

 ロゴの由来:cydasの “c” をベースに、黄色社員を見つけて、青に変えていく。というメッセージを込めています。

  「cydas」は組織のセルフマネジメントを促進するために、現場で使いやすく、既存の人事システムや、勤怠や目標管理、人にまつわるさまざまなアクティビティを管理する他システムからのデータを一元管理することで、才能を開花させるプラットフォームです。

[プラットフォームイメージ]
[画像2: (リンク ») ]


【想定される利用シーン】
 各現場の上司が才能を開花させるプラットフォーム「cydas」にログインすると、メンバーの状況を簡単に確認でき、そこから簡単に課題を発見することができます。リアルな残業状況と各人に紐付くプロジェクトの状態や、営業セクションであれば活動状況と勤務状態等も簡単にマネジメントに役立てることが実現可能になっていたり、上司へも部下へも 1on1へ誘導させるようなことも、新製品の「cydas」であれば様々なアラートデータを感知し、リアルタイムに活用することが可能です。

 一方、人事や経営からの視点では、セクション毎の在籍者数や入退社の数、経営や人事に直結した異動時のシュミレーションデータ等まで、簡単にリスト化することができます。

【主な機能】※費用についてはお問い合わせください。
・見たい情報を集めて複数のパネルに表示する“ダッシュボード”
 例)時間外勤務者の人数や状況
最新の社員の推移や人材データ登録状況を表示
全社やチーム目標を共有し、ブレイクダウンした各自の評価を管理

・行動を促す “フィード” と “アラート通知”
例)人材データの鮮度を保つための未登録項目の入力を促進
各自の労働時間の可視化とアラート、年次休暇消化率の可視化
1 on 1の申請管理やレポート管理
すぐに行動すべき組織のアラート状態を検出しメールやチャットで本人に通知

・任意のメンバーをグループ化でき、可視化や、異動シミュレーションなどの人材発掘にすぐ使える“マイリスト”
例)条件に該当する最新状況をグループにすることも、自由に検索した中からグループに追加することも可能
ドラッグ&ドロップで実施する異動シミュレーション

・プロフィール内やメモ、面談レポートなどどこからでも好きな単語で検索できる“検索ボックス”

・見やすいプロフィールや、働きかたのコミットメント(トリセツ)の可視化

・同僚や部下に関するメモを自由に記入でき、評価に必要な情報や関係性についての情報を日々蓄積

 これまで、Profile Manager を導入している全てのお客様から、“人材データは経営にとても大切なデータである”と言った声が寄せられています。そのため、新製品「cydas」は会社にとって必要なデータに対して、誰のどのデータが無いのか、顔写真データまで不足数と不足メンバーを一瞬に探してくれることも可能となっています。

 また、現在利用中の「Profile Manager」「Performance Cloud」「MBO Cloud」も近々、才能を開花させるプラットフォーム「cydas」上で利用することが可能となります。

 この度発表の「cydas」は、これまでのどんな HR のアプリケーションにも似ていない、有能な人のデータを収集する役割と、本当の意味での見える化が実現した才能を開花させるプラットフォームとなりました。なお、製品の正式提供は今秋を予定しています。

 なお、7月11-13日開催の日本最大級の人事系展示会HR EXPOへ、最大級規模ブース(小間番号:西9-22)を出展し、「cydas」をお披露目します。人のデータに、さらなる才能を引き出すことを実現した「cydas」を是非、この機会に体験してください。

 サイダスは、全ての人材の才能を開花させるために、これからも「CYDAS」と「cydas」の機能強化を図ってまいります。

                                                以上

【サイダスについて】
サイダスは2011年10月創業。「データを介して人と組織を可視化する」クラウドサービスCYDASを通じて、すべての働く人の才能を引き出し、誰もが活躍できる組織や会社、さらには社会をつくることに貢献しています。CYDASは、人事や経営層だけでなく、社員も参加し、会社にいる全員で組織を強くしていく人材情報基盤として、多くの企業に採用いただいています。また、人材情報に欠かせないデータマネジメントの分野でも、いち早く実績を重ねています。

■会社情報
社名 : 株式会社サイダス(CYDAS Inc.)
代表取締役: 松田 晋
所在地:[本店]〒900-0012 沖縄県那覇市泊1-4-14
[東京本社]〒105-0014 東京都港区芝2-1-33
 [海外オフィス]ソウル(韓国)
創立: 2011年10月
資本金 : 254,051千円(2018年4月末現在)
事業内容:「CYDAS」「cydas」の開発・販売・サポート・コンサルティングサービス事業
URL: (リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社サイダス
【報道関係お問い合わせ】広報担当 TEL:03-6435-3953 / E-MAIL:pr@cydas.com

【弊社サービス内容に関するお問い合わせ】お問い合わせフォーム: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]