編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

楽天証券、AIによる投資情報サービスを強化

楽天証券

From: PR TIMES

2018-07-03 16:01

‐企業の最新開示情報を即時に一覧で閲覧可能に‐

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、2018年7月6日(金)より、決算開示や業績予想の発表後即時に配信される「業績ニュース」を一覧で見られるサービスを開始することとなりましたのでお知らせします。これにより、発表があった銘柄とニュースタイトル、概要を一覧で確認することが可能になり、お取引の利便性が向上します。



「業績ニュース」は、AI(人工知能)が企業の決算開示や業績予想の発表と同時にニュースを自動生成することで、即時に最新の発表内容を確認していただくことができます。楽天証券では、証券取引所の立会時間以外でも株式のお取引ができるPTS(私設取引システム)の導入に伴い、昨年末、企業の発表後即時にニュース配信される「業績ニュース」の提供を開始し、立会時間終了後に発表があった銘柄のニュースを確認しながら、PTSでお取引を行っていただける環境を提供して参りました。

これまでは、各銘柄ページで「業績ニュース」を確認することが可能でしたが、今回、新たに決算開示・業績予想を発表した銘柄のニュースを一覧で確認できるサービスを提供し、決算開示が集中する時間帯でも、発表銘柄と業績ニュースのタイトル、概要を一覧で確認できるようになります。これにより、お客様は即時性のある情報を効率よく確認できるようになり、投資情報をよりお取引に活かしていただく環境が整います。

また、適時開示情報については、決算短信、配当予想、自己株などのカテゴリ別で絞込むことができるようになり、決算カレンダーには、決算発表の時間も追加することで、より投資情報をスムーズに取得できるようになります。なお、これらの投資情報は、ログイン後のPCウェブ画面でのみ閲覧可能です。

楽天証券では、お客様に快適な取引環境を提供すべく、マーケットレポートやアナリストレポート、即時性のある市況ニュースなど豊富な情報を提供しております。今後も、お客様ニーズに合わせたサービスや商品を提供することで、更なる顧客基盤の拡大を図ってまいります。

※業績ニュース提供元:株式会社アイフィスジャパン(代表取締役:大沢 和春、本社:東京都千代田区)

以上

【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。

商号等:楽天証券株式会社 (楽天証券ホームページ)
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]