編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アールワークスがSOCアウトソーシングサービスのプランを拡充S&Jと協業し、セキュリティ監視・分析から、具体的な対処指示連絡までを提供!

株式会社アールワークス

From: PR TIMES

2018-07-04 12:01

月額費用20万円から導入できる費用対効果の高いサービスです

株式会社アールワークス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:池田豊、以下アールワークス)は、S&J株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三輪 信雄、以下S&J)と協業して提供している、SOC(Security Operation Center(セキュリティ・オペレーション・センター))のサービスについて、初期費用30万円、月額費用20万円(いずれも税抜)からエントリーできるプランを拡充し、本日(7月4日(水))から提供を開始します。
両社が提供する『SOCアウトソーシングサービス』は、24時間365日、セキュリティデバイスや、セキュリティデバイスだけでは検知できない不審な挙動を監視し、脅威が検出された時には、お客様にとってのリスクや影響度分析を行い、専門アナリストが「具体的な対処方法」を含めてご報告するというものです。



[画像: (リンク ») ]

 企業を狙った標的型サイバー攻撃の増大や、内部犯行による情報漏洩などの被害が後を絶たず発生しておりますが、統合ログ分析システムの導入費用が高い、ログを分析できる技術者がいない、適切な運用設計ができない、24時間365日体制を維持できない、などといった理由で、SOCの構築・運用を躊躇される企業も多くいらっしゃいます。
 そこで、SOC構築の検討・導入を容易にするため、お客様のニーズに沿ったプランの内容と費用を明確にした、費用対効果の高いSOCアウトソーシングプランを実現しました。

『SOCアウトソーシングサービス』の詳細は、次のとおりです。

■『SOCアウトソーシング』新プラン概要
1) エントリープラン
セキュリティデバイス(FireWall、IDS/IPS、AntiVirus、Sandbox)に特化し、各デバイスが検出する脅威について監視と分析を行います。
初期費用:30万円~、月額費用:20万円~。

2) スモールスタートプラン
セキュリティデバイスだけでは検知できない、外部への不正な通信やネットワーク内の不審な挙動から、脅威を検出・分析します。
初期費用:100万円~、月額費用:60万円~。

3) スタンダードプラン
サイバーセキュリティ経営ガイドラインに記載されている、アクセスログや通信ログ等からサイバー攻撃を検出・分析する仕組みを構築し、セキュリティ運用を実施します。
初期費用:150万円~、月額費用:80万円~。

4) アドバンスドプラン
サイバーセキュリティ経営ガイドライン・FISCの安全対策基準・金融庁の金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針に記載されている、通信記録(ログ)等の取得・分析を含む監視体制を構築し、セキュリティ運用を実施します。
初期費用:300万円~、月額費用:120万円~。

※記載金額はいずれも税抜き表示。
※各プランともお客様のご要望に合わせた細かいカスタマイズが可能です。


■解決可能な課題
上記サービスを導入いただくことにより、これらのセキュリティ運用の課題が解決します。


SOCを構築したいが、統合ログ分析システムの導入費用が高い。
専門的な知見を持った人材がいない。
アウトソーシングの提案内容や費用が適切かどうか分からない。
統合ログ分析システムを導入したが、適切な運用設計ができず、活用できていない。
アラート誤検知の精査だけでなく、内部環境の分析や、アラート後の調査まで実施してほしい。
エスカレーション時には、「インシデント分析結果」だけではなく、「ネットワークへの影響やリスク・具体的な対処指示」も行ってほしい。



■S&J株式会社について( (リンク ») )
本社所在地:東京都港区西新橋1-18-17 明産西新橋ビル8F
設立: 2008年11月
代表者: 代表取締役社長 三輪 信雄
資本金: 9,865万円
事業内容: サイバー攻撃対策システムの開発及び運用、サイバー攻撃監視やセキュリティ診断、コンサルティング、インシデント対応などのサービスを提供。


■株式会社アールワークスについて( (リンク ») )
本社所在地: 東京都新宿区揚場町1-18 飯田橋ビル6F
設立: 2000年10月(創業 1985年3月、株式会社アステック)
代表者: 代表取締役社長 池田 豊
資本金: 4億2,540万円
事業内容: 2001年から24時間365日のシステム運用監視サービスを提供。
・阪急阪神ホールディングスグループ所属
・APNスタンダードコンサルティングパートナー
・IDCFテクノロジーパートナー、IDCFクラウドパートナー
・GMOクラウドソリューションパートナー

※ 本リリースに記載する会社名、商品名、ブランド名等は、各社の商号、登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アールワークスの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]