編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「読売ジャイアンツ史上最強の助っ人。ウォーレン・クロマティ」<7月4日(水)>衝撃の”ユーチューバー”デビュー!! 

エーアンドイーネットワークスジャパン合同会社

From: PR TIMES

2018-07-04 12:01

電話対応、出世祈願、突撃訪問など、体当たり企画連発!

エーアンドイーネットワークスジャパン合同会社(東京都港区、ゼネラルマネージャー:ジョン・フラナガン)は、世界最大の歴史エンターテイメントブランド「ヒストリー(TM)」の特派員であるウォーレン・クロマティが、日本文化を紹介する動画シリーズをYouTubeで配信することを発表した。「Cro ‘N Tokyo (クロマティ イン トウキョウ)」のタイトルで制作される短編動画シリーズで、厳選されたエピソードが、「ヒストリー」の公式 YouTubeチャンネル内で展開される。



[画像1: (リンク ») ]

クロマティは、80年代に読売巨人軍で活躍し、現在でも「最強の助っ人」と言われる元プロ野球選手。この4月からエーアンドイーネットワークスジャパン合同会社に所属し、仕事を始めた。今回配信が開始される「Cro ‘N Tokyo (クロマティ イン トウキョウ)」は、「ヒストリー」ブランドのコンセプトを踏襲し、クロマティが東京を拠点に、人々と触れ合いながら、日本の文化や伝統を実際に体験し、紹介していく動画。歴史ある場所や観光地だけでなく、日本食や今流行しているPOPカルチャーまで幅広いテーマに焦点を当てる。クロマティが会社の同僚スタッフと共に企画を練り、自らレポートする。カメラや編集にも挑戦するなど、精力的に取り組んでいる。

[画像2: (リンク ») ]

7月4日(水)に公開する動画は、「クロマティ、日本で社員研修?!」(以下、社員研修)「クロマティ、愛宕神社に行く!」(以下、愛宕神社)の2本で、その後も、「クロマティ、理髪店に行く!(仮)」「クロマティ、築地場外に行く!(仮)」「クロマティ、居酒屋に行く!(仮)」などの配信が決定している。。さらに、今後は、日本の夏に焦点を当てた“夏祭り編”や“花火大会編”も予定されている。
 ビデオは、クロマティのおちゃめなキャラクターが全開!「新人研修編」では、新入社員らしく、先輩女子社員から電話応対研修を受けるが、保留の方法がわからず “コールバック“と叫び受話器をガチャ!。
[画像3: (リンク ») ]

 「愛宕神社」では、覚えたての神社の歴史を披露した後、”出世の石段”と呼ばれる神社に上がる急な階段を駆け上る。「運動しているから、問題ない!」と自信満々に登っていくが、階段上でのレポートは、“はあはあ”と荒い息づかい。撮影では数回階段を登り降りしたとのことで、60歳を過ぎて、まさに、体を張った取材だ。動画の中で、街で出会ったファンと一緒に“クロウ、イーン、トーキョウ!”と唱和する姿は、ジャイアンツで活躍し、球場を“バンザイ!”で沸かせたと時と変わらない。

[画像4: (リンク ») ]

 クロマティは、2、3年で帰国する外国人選手が多かった中、7年間もの間、日本で生活をした。子供達も東京の学校に通っており、家族と共に暮らした日本に強い愛着を持っている。いまだに、自分を覚えていてくれる日本の人々への感謝をしたいという気持ちがきっかけとなり、動画を制作し配信していくことになった。全て、約5程度の短編動画のため、PCや携帯で気楽に楽しめる、大人が見られるYouTube動画だ。第二の人生に日本を選んだクロマティのYouTubeでの活躍にぜひ注目してほしい。

クロマティ、日本で社員研修?!

[動画1: (リンク ») ]



クロマティ、愛宕神社に行く!
[動画2: (リンク ») ]



そのほかのビデオは、ヒストリー公式 YouTubeチャンネルでご覧ください。
(リンク »)

■エーアンドイーネットワークスジャパン合同会社とは
エーアンドイーネットワークスジャパン合同会社は、数々の受賞歴を持つコンテンツを提供するグローバルメディア企業A+E Networks(R)グループ会社で、日本で「ヒストリー™」ブランドを展開しています。「ヒストリー™」は世界185カ国、3.3億世帯、41の言語でTV放送をしている、世界最大の歴史エンターテインメントブランドで、日本では”人間の可能性を見よう”というブランドスローガンのもと、高品質なドキュメンタリー、古代ミステリー、歴史に残る犯罪事件、ミリタリー、リアリティーショー、車、日本史、史実に基づくドラマ大作など、人間が成し遂げた感動的で刺激的な物語をお届けしております。2000年にCS放送チャンネル「ヒストリーチャンネル 日本・世界に歴史&エンタメ」を立ち上げ、米A+E Networks制作の番組や日本で独自に制作したオリジナル番組を670万世帯以上に放送してまいりました。2016年にはHISTORYブランドで、オンライン動画配信を開始し、2018年からはリアルタイムでの動画配信サービスもスタートしています。また、成長著しいソーシャルメディアアカウントを通じ、幅広い視聴者に、「ヒストリー™」ブランドの様々な情報や、独自のビデオコンテンツを提供しております。
公式YouTube  (リンク »)
公式ウェブサイト  (リンク »)
公式Twitter (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]