編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

wolfSSL、MQTT v5.0をサポートするwolfMQTTのリリースを発表

wolfSSL Inc. 日本オフィス

From: PR TIMES

2018-07-05 10:01

報道関係者各位
2018年7月5日
wolfSSL Inc.

wolfSSL、MQTT v5.0をサポートするwolfMQTTのリリースを発表

組み込み向けネットワークセキュリティの専門ベンダーであるwolfSSL Inc.(本社:米国ワシントン州エドモンズ)は本日、MQTTプロトコルの次世代バージョンとなるMQTT v5.0に準拠したMQTTクライアント、wolfMQTTをリリースすることを発表しました。

MQTT(Message Queuing Telemetry Transport)は、M2MやIoTのアプリケーションで、Pub/Subメッセージングモデルによる軽量かつ移植性の高い安全な通信を可能にします。C言語で一からオリジナルで開発したwolfMQTTは、コンパイル後のサイズが3.6 kBと非常に軽く、商用またはオープンソース(GPLv2)ライセンスでご使用いただけます。MQTTはその設計上、リソース条件の厳しい組み込みデバイスのオーバーヘッドを減らすため、TCPのみに依存しセキュリティや暗号化のための規定はありません。wolfMQTTは、MQTT v5.0仕様とQoS(Quality of Service)レベル0~2をサポートし、組み込み向けSSL/TLSセキュリティライブラリのwolfSSLを介してSSL / TLS 暗号化を提供します。ハードウェアアクセラレーションを組み合わせて使う場合、20~30kBという最小の追加リソースで盗聴や中間者攻撃から通信を守ります。また、TLSセッション再開などの技術は、リソースの限られたデバイスでの接続コストを削減します。

wolfSSLの共同設立者兼CTOであるTodd Ouskaは次のように述べています。「MQTT v5.0を使う小規模なクライアントデバイスに対し、最新のTLS1.3セキュリティを追加できることに大変興奮しています。これにより、さらなるスケーラビリティとより優れたサポートの提供が可能となります。」

1,200行未満でコンパクトにコーディングしたwolfMQTTは、移植性に優れ、外部依存性を最小限に抑え、ライブラリを複数のプラットフォームで簡単にコンパイルすることが可能です。wolfMQTTはLinux、Windows、OS X、μITRON、T-Kernel、FreeRTOS他、多くのオペレーティングシステムをサポートしています。またARM、アナログ・デバイセズ、インテル、マイクロチップ・テクノロジー、NXP、ルネサス エレクトロニクス、STマイクロエレクトロニクス、テキサス・インスツルメンツなどのシリコンベンダー各社が提供するチップセットも幅広く対応しています。

wolfSSLの共同創設者兼CEOであるLarry Stefonicは次のように述べています。
「新しいMQTT v5.0 は、IoTにとって重要なプロトコルです。wolfMQTTがMQTT v5.0に対応することにより、開発者は私共の厳しいテストを通過した安全なコードを使い、MQTT5.0を実装することが可能となります。当社のMQTT実装は、wolfSSLライブラリとの組み合わせで多くの実績があり、その性能は実証されています。」

MQTT v5.0では、プロトコルに次の改良が加えられています:
• 接続後に認証方法/データ情報を送信するためのAUTHパケットタイプ
• CONNACKパケットに接続障害をより詳しく説明する理由コードを保持
• サーバーからクライアント方向のDISCONNECTをサポート
• パケットにオプションのキー/値のプロパティの追加が可能に
• UTF-8文字列ペアの新しいデータ型
• QoS 1と2のパケットについて再試行を中止(TCPが再試行)
• パスワードがユーザ名なしで提供可能

wolfMQTTの詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

wolfMQTTセキュアファームウェアのアップデートについては、 (リンク ») でご案内しております。

オープンソース版(GPLv2) wolfMQTTは (リンク ») からダウンロードいただけます。

======【展示会出展とTLS1.3セッションのご案内】=====
wolfSSLは、本日からグランフロント大阪で開催の
ET & IoT Technology West 2018に出展いたします。

明日7/6(金) 14:15からはセッション
「進化するSSL/TLS、TLS 1.3承認で何が変わる?」
を担当いたします。

(リンク »)
=====================================

wolfSSL Inc.について
wolfSSLは、軽量な組み込みセキュリティのためのソリューションを提供しています。スピード、サイズ、移植性、機能、および標準への準拠にこだわり、研究目的から商用利用まで多様なニーズに合わせ、オープンソースと商用のデュアルライセンスで製品を提供しています。さまざまな方法、手段で、できる限りお客さまとコミュニティのお役に立ちたいと考えています。日本ではwolfSSL技術サポートセンターを東京に持ち、専任スタッフによるサポートサービスを提供しています。

社名と同名のセキュリティライブラリwolfSSLは、500社1,000品目を超える幅広い分野の製品で採用され、組込みデバイス向けの最新TLS 1.3対応のライブラリとして、 世界で唯一の商用ライセンス(2018年7月現在)です。

【お問い合わせ先 】
wolfSSL Inc. 日本オフィス 担当: 須賀
Email: info@wolfSSL.jp
TEL: 050-3698-1916
(リンク »)
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]