編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アソビューがANAセールスとシステム連携、航空券から宿、レジャー・体験プランまでワンストップで予約可能に

アソビュー株式会社

From: PR TIMES

2018-07-05 16:00

旅行先に応じたオススメのレジャー・体験プランをご案内。「感動と”体験”の旅」の提供により、顧客の満足度上昇へ

日本最大の遊びのマーケットプレイス「asoview!(アソビュー)」(読み:アソビュー URL: (リンク ») 以下「asoview!」)を運営するアソビュー株式会社(代表取締役社長:山野智久、本社:東京都渋谷区 以下「アソビュー」)は、ANAセールス株式会社(代表取締役社長:宮川 純一郎、本社:東京都中央区)のホームページ「ANAウェブサイト」にレジャー・体験プランの提供を開始することをお知らせ致します。




取り組みの背景

近年のテクノロジーの変化によって、消費者のライフスタイルに大きな影響を与える中、旅行に対する価値観も進化を遂げています。

JTB総合研究所の『新しい技術やサービスの広がりとライフスタイル・旅行に関する調査(平成29年、n=1030)』によると、旅行予約時の選択肢として、「スマホで予約する(33.2%)」、「インターネットで旅行商品を買う(28.9%)」が伸びており、一方で「現地ガイドや添乗員がついたツアーを利用した旅行が減った(18.0%)」となるなど、個人で自由にカスタマイズする旅行スタイルが増えている傾向がうかがえます。


ANAセールスとの連携について

こうした背景の中で、この度アソビューはANAセールスと連携し、ANAウェブサイトへ、asoview!が提供するレジャー・体験プランの掲載を開始する運びとなりました。本システムの連携により、航空券・宿の予約時に、現地での「体験」までをワンストップでお手軽にカスタマイズすることが可能となり、"旅"をより充実させていきます。

体験プランは、ANAウェブサイトの「観光・体験・現地交通ページ」、もしくはANA旅作の予約完了ページよりご予約いただけます。

本連携により、さらなる顧客の旅行体験の満足度を高めるべく、「感動と”体験”の旅」を提供してまいります。

【観光・体験・現地交通ページ】: (リンク »)


[画像: (リンク ») ]


※asoview!が提供するプランの申込は、アソビューが運営するサイトでの申込となります
※マイレージの積算には、ANAマイレージクラブの会員認証が必要です


今後もアソビューは、企業とのパートナーシップに積極的に取り組み、日本中の魅力的な遊びをより多くの方に発信することでゲストの需要を喚起し、地域の消費拡大に向け取り組んでまいります。



asoview!について (リンク »)

全国約5,000店舗の事業者と提携、国内の遊び・体験プログラムを約640ジャンル・約19,000プランご紹介している日本最大の遊びのマーケットプレイスです。「パラグライダー」や「ラフティング」など地の利を活かしたアウトドアレジャーのほか、「陶芸体験」や「そば打ち体験」など地域に根ざす文化を活かした魅力的な体験プログラムをご紹介するとともに予約できるサービスを提供しています。


アソビュー株式会社について

「ワクワクをすべての人に」をミッションとし、日本最大の遊びのマーケットプレイス「asoview!(アソビュー)」を運営。2015年4月22日にはJTB、YJキャピタル、グロービス・キャピタル・パートナーズ、ジャフコを引受先とする総額約6億円の第三者割当増資の実施、及びJTBとの業務提携を発表しています。
参照URL:  (リンク »)

会社名: アソビュー株式会社
設立: 2011 年 3 月 14 日
所在地:東京都渋谷区神宮前2丁目7-7 JIKビル 3階
代表取締役社長: 山野 智久

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]