編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

大阪北部地震を受け、耐震強度測定アプリケーション の 正式リリース

株式会社ZWEISPACE JAPAN

From: PR TIMES

2018-07-05 17:01

地震の国日本でこそ、景気のいい今だからこそ、地震対策への投資で、キャピタルストック、民間資本とそれを包含する国家資本の増強、GDPの増大化を促したい

不動産テック、ベンチャーの株式会社ZWEISPACE JAPAN( ツバイスペース・ジャパン)は、日本国や海外の地震多発地域の不動産業者、建設業者向けのアプリとなる、「耐震強度測定アプリケーション」を、継続開発しています。このたび先日発生した震度6弱の大阪北部地震を受け、簡易バージョンの全国版のアプリケーションを正式リリースすることにいたしました。インターネットがある今、本分野の専門家の知見を反映したアプリケーションを多くの皆様にご利用いただき、家屋の損壊程度の可能性や被害額の想定値を認識したうえで、安全や安心に向けた対策や準備に反映頂ければとのおもいから、正式リリースすることにいたしました。



今回のシミュレーションは、住所、建築構造、築年、階数、建物評価額、を入力することで、一般に最大規模の地震と想定される震度6強の状況がその場所でおこる確率と、起こったときに想定される各建物の被害額を算出します。本診断アプリのロジックとデータにつきまして、土地の揺れに関しては、J-SHIS(地震ハザードステーション・国立研究開発法人防災科学研究所が地震ハザードステーションJ-SHIS( (リンク ») )を通じて提供している公開データ、建物の被害程度の予測や損失率算定にについて株式会社イー・アール・エス( (リンク ») )のロジックを使用し、当社が独自に算出したものです。

ツバイスペースは、昨年より、ロボット建築士・鑑定士アプリ、ブロックチェーン不動産登記サービス、等、世界最先端の技術を利用した世界初のサービスを提供しており、内外のベンチャーキャピタルはもちろんのこと、世界銀行や外国政府など、業界外の各方面からも注目していただいておりますが、既存のサービスと同様に、本サービスの日本における受付は、ZWEISPACE JAPANと、日本におけるZWEISPACEの各パートナーにおいて開始してまいります。ZWEISPACEは、同時に、全国各地の不動産屋パートナー、建築会社パートナーを、募集しております。お近くに耐震強度診断アプリ利用の拠点がない方などは、お近くの不動産屋、建築会社等にお問い合わせいただき、免許保有業者であればさっそくパートナー登録いただけますので、お問い合わせいただきますようお願いします。なお、本アプリは戸建て住宅、また中・小規模のビルについての診断が可能となっておりますが、中・大規模の建物に関しての耐震強度診断にきましては、株式会社イー・アール・エス様に直接お問い合わせいただき、個別具体的な詳細な調査をご依頼、ご相談されるようお願いいたします。

ZWEISPACEは、地震関連のアプリケーションについて継続的に開発しており、今回発表の本アプリに加え、より高度な次世代版の耐震強度診断アプリの開発と運営を通じて、日本の地震対策に貢献してまいります。

[ 東京都世田谷区三軒茶屋 1990年築木造2階建て の場合の事例 ]
[画像: (リンク ») ]



ZWEISPACE JAPAN  の 耐震強度測定アプリ

リリース:   (リンク »)

アプリ:    (リンク »)

アプリの説明:  (リンク »)

パートナー事業部: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]