編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ビジネスを企画できる人材を発掘・育成しよう!IoTイノベーションチャレンジ2018セミナースケジュール公開、参加チーム募集開始!

アフレル

From: PR TIMES

2018-07-05 15:21

8-9月には豪華講師陣によるセミナー、ワークショップを展開

これからの産業界を牽引できるビジネス人材の発掘・育成をねらいとした新たなコンテスト「IoTイノベーションチャレンジ」(主催:一般社団法人 組込みシステム技術協会(以下JASA)、事務局:株式会社アフレル)は、この度、参加チームの募集を開始いたしました。( (リンク ») )本コンテストは幅広い分野から講師の方々をお迎えし、多彩なセミナーやワークショップを教育機会として用意することを通じて、参加チームの皆さまにビジネスを企画する際に必要となる知識、技術、手法を学ぶ場を提供いたします。



[画像1: (リンク ») ]


【セミナースケジュール】  (リンク »)
8月から9月にかけて参加チームを対象としたセミナーやワークショップを展開します。IoTによるビジネス事例、オープンイノベーション、デザイン思考、システムアーキテクチャ、ビジネス戦略、IoTデバイスセキュリティ、リスクマネジメント等、各分野を先導する14名の講師陣(現時点)によって濃密な教育機会が準備されます。
[画像2: (リンク ») ]


【IoTイノベーションチャレンジとは】  (リンク »)
教育にフォーカスし、技術を使って学ぶことに主眼を置いたコンテストで、IoTを活用したビジネス企画に必要な知識、技術、手法を学べる実践的な人材育成プログラムです。
対象


IoTを活用した新事業の創出にチャレンジしたい方
アイディアを事業企画まで育てたい方
ビジネスの可視化手法を身に付けたい方

ねらい


IoTを使ったビジネスの企画・検討と、それを実現するアーキテクチャの検討
これからの産業界を牽引できる「IoTビジネス人材」の発掘・育成


【参加チーム募集要項】
参加資格


3~5名のチームを構成すること(学生チームの代表者となる教職員や引率者は除く)
チームの全員が申込み時点で18歳以上であること
日本語でやり取りできること
電子メールで連絡が取れること
資料をPDF形式で提出できること

開催期間中に実施される次の会に、チームの最低1名が必ず出席すること


8月~9月の教育機会(セミナー、ワークショップ等)
課題発表
11/16(金) ET&IoT展内におけるプレゼンテーション、審査会、表彰式


参加費(税込)


一般企業:108,000円
JASA会員企業、またはET/IoT展の出展社:54,000円
学生(大学・大学院、高専、専門学校など)※1:43,200円


(※1 教育機関での参加は代表者として連絡の取れる教職員の登録が必須です。)

申込み締切 7月31日(火)

【申込み方法】専用フォームに必要事項を入力してお申込みください。
(リンク »)

※ET WESTにおけるコンテストのご紹介
7/5(木)~7/6(金)、グランフロント大阪にて、本コンテスト主催のJASAにより組込みやIoTの総合技術展「ET&IoT Technology WEST 2018」( (リンク ») )が開催されます。展示会のJASAブース(小間番号L-01)ではIoTイノベーションチャレンジのご紹介もいたしますので、ぜひお立ち寄りください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]