ヘルスケア アプリ「カロミル」食事画像解析AIにて一般料理5,200品目を識別可能に、食事品目カバー率90%を達成

ライフログテクノロジー株式会社 2018年07月06日

From PR TIMES

 AIなどのテクノロジーを駆使したヘルスケア アプリ「カロミル」を運営するライフログテクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:棚橋繁行)は、2018年7月6日、食事写真から品目名を識別して栄養計算する自社開発の食事画像解析AIにて、識別できる料理品目が約5,200品目となり、食事解析可能な一般料理のカバー率が90%を超えたことをお知らせいたします。これにより、カロミルの食事解析AI精度が飛躍的に向上しました。




 ヘルスケア アプリ「カロミル」は、2015年12月より提供している、日々の食事や運動の記録・管理が簡単におこなえるヘルスケアアプリです。昨年8月にローンチした食事画像解析AIでは一般料理を中心に約1,000品目を識別出来ておりましたが、今回、大手飲食チェーンやメーカー商品の食事画像データを機械学習することにより、約5,000品目の食べ物を識別出来るようになり、その品目カバー率は全ユーザーが記録した食事の90%以上となります※1。加えて、今回の研究開発にて、品目数をシステマティックに増やすことができる開発ラインを構築しました。今後は1,2ヶ月等の短期的に識別品目数を1,000単位で増やす見込みです。今年の秋頃には10,000品目を達成する予定です。

 また、スマートフォン内に保存された写真・画像を自動的にクローリングして“食事”か“食事ではない”かを識別し品目を識別する一連の技術について、2018年6月、特許庁より特許査定通知を受領できたことを合わせてお知らせいたします。

なお、今回の精度向上については、カロミルのLINEアカウント(ID検索:@calomeal)に食事画像を送ると、識別された品目名及び糖質・脂質等の7栄養成分値を返信する機能をお試しいただけます。(以下QRコードから友だち追加が可能です)
[画像: (リンク ») ]


 ユーザーは、当AIを使うことにより、より正確な栄養を記録することが可能になります。当社では、カロミルを通して、ユーザーの健康維持を支援できるよう、さらなる研究開発につとめてまいります。

※1 カロミルの全ユーザーの過去の食事記録を元に算出

◆ライフログテクノロジー株式会社について
管理栄養士、エンジニア、データサイエンティスト、人工知能の研究者で構成されたヘルスケア関連のテクノロジー企業。
所在地:東京都港区芝浦4-12-44 石川ビル5階
設立:2016年2月
代表取締役:棚橋繁行
URL: (リンク »)

※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

≪当プレスリリースに関するお問合せ先≫
担当者 : 棚橋(たなはし)
E-mail :info@calomeal.com
TEL : 03-6271-9086

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]