編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

カヤック、『ぼくらの甲子園!ポケット』で7月7日(土)より「星に願いを 七夕キャンペーン」を実施!

株式会社カヤック

From: PR TIMES

2018-07-06 12:01



株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」)は、現在好評配信中の共闘スポーツRPG『ぼくらの甲子園!ポケット』(iOS/Android端末向け)において、2018年7月7日(土)より特別イベント「星に願いを!七夕キャンペーン」を開始いたします。
[画像: (リンク ») ]


【「星に願いを 七夕キャンペーン」イベント概要】
■実施期間
2018年7月7日(土)12:00~2018年7月16日(月)12:59

■キャンペーンその(1) イベント連動企画!★6七夕【神髄】シリーズを育てよう!
本キャンペーンのページにアクセスすることで、★6七夕【神髄】シリーズのやきゅう道具をゲットできるぞ!★6七夕【神髄】シリーズは、7月中に開催するイベント「放課後ラブダッシュ~恋の天の川~」「彦星を決めろ!七夕投球対決!!」で遊んで手に入れることのできる★5七夕シリーズでスキルレベルを上げることができるんだ!7月のイベントを楽しんで、★6七夕【神髄】シリーズを育てたら、装備して試合に参加してみよう!

■キャンペーンその(2) イベント連動企画その2!チャレンジで豪華報酬をゲット!
「放課後ラブダッシュ~恋の天の川~」「彦星を決めろ!七夕投球対決!!」それぞれのチャレンジをクリアすると、累計3000ポケGと七夕感謝祭ガラポンチケット20枚をプレゼント!他にも七夕にちなんだきせかえアイテムや体力回復ドリンクなどもゲットできるので見逃さないようにしよう!

目玉報酬:
笹の葉キャップ/笹の葉ユニフォーム/天の川キャップ/天の川ユニフォーム

■キャンペーンその(3) 感謝祭ガラポン
人気の★5やきゅう道具が手に入る感謝祭ガラポンを開催!チャレンジクリアで七夕感謝祭ガラポンチケットを手に入れたらお目当のやきゅう道具を狙って引いてみよう!

目玉報酬:
サイボーグシリーズ/世界樹シリーズ/スーパーヒーローシリーズ/女神シリーズ/ハデスシリーズ/リヴァイアサンシリーズ/閻魔大王シリーズ/アマテラスシリーズ


『ぼくらの甲子園!ポケット』は今後も引き続き、ユーザの皆様に楽しんでいただけるよう、随時イベントの充実やアップデートを図ってまいります。


【『ぼくらの甲子園!ポケット』について】
シリーズ累計600万ダウンロードを超す「ぼくらの甲子園!」シリーズの最新作。プレイヤーは高校球児となり、同じチームのメンバーと切磋琢磨しながら甲子園出場、そして優勝を目指します。共に試合を戦う9人(ベンチのメンバーも参戦できるので最大15人)の仲間とのチームワークを体感できるのが醍醐味です。また、カスタマイズで愛着を持ちながら育成できるキャラクターや、サイコロで楽しみながら続けられる練習モード、相手チームとの臨場感ある駆け引きの試合モードといった演出も楽しみの一つです。

【『ぼくらの甲子園!ポケット 』基本情報】
ジャンル:共闘型スポーツRPG
ダウンロード:
Google Play:  (リンク »)
App Store:   (リンク »)
対応OS: Android 4.1、iOS7.0以上
価格: 無料(アプリ内課金あり) ※アプリのご利用にはパケット通信料が必要です。
企画・開発: カヤック
ゲーム公式サイト: (リンク »)

【カヤック会社概要】
社名:株式会社カヤック
URL: (リンク »)
所在地:神奈川県鎌倉市小町2-14-7 かまくら春秋スクエア2階
設立:2005年1月21日
代表取締役:柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
事業内容:日本的面白コンテンツ事業

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社カヤックの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]